保険募集代理店の楽天インシュアランスプランニング(株)が運営するサイトです。こちらのサイトでは楽天グループの保険商品をおすすめしています。
その他の保険会社の商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

「男性版産休」制度が新設!現行制度と何が違うの?子育てプランはどう変わる?

「男性版産休」制度が新設!現行制度と何が違うの?子育てプランはどう変わる?

公開日:2021年9月8日

「男性版の産休制度が始まる」という報道を目にしたことはありますか?
厚生労働省の「令和元年度雇用均等基本調査」によると、2019年度の男性の育児休業取得率は7.48%。男性の育児休業が積極的に活用されているとは言い難い数値です。そこで、より子育てしやすい環境を整備するため、育児・介護休業法の改正が行われることになりました。改正にあたって「男性版産休」と呼ばれている新制度、「出生時育児休業」の創設も決定しており、今よりも子どもの誕生直後の育児休業が取得しやすくなります。では、この法改正は実際の夫婦の育児プランにどう影響するのでしょうか?この記事では、法改正の概要や活用方法、育児休業取得の際に気を付けておきたいポイントなどをわかりやすく解説します。

制度改正で男性も育休をより取得しやすくなる!!いつから始まるの?

夫婦でより育児しやすい環境づくりを目的に、2021年6月の国会にて、育児・介護休業法が改正され、「出生時育児休業(通称、男性版産休)」という制度が新設されることが決まりました。ここでは、新しい制度の概要について解説します。

・企業への義務化や取得柔軟化で取得しやすい制度へ

法改正によって、原則1回しか取れなかった育児休業が2回に分けて取れるようになったり、企業側へ取得状況の公表を義務付けたりするなど、制度の柔軟性や実効性が高まります。女性が出産や育児で離職する事態を防ぎ、男女ともに希望に応じて仕事と育児を両立できる社会を目指すことが、今回の法改正の目的です。

・男性版産休を含む新制度は2022年4月から段階的に導入される予定

育児・介護休業法の改正は2021年6月3日の衆院本会議にて可決、成立しました。2022年の4月から段階的に導入される予定です。

期間や取得条件は?「男性版産休」制度のポイント

育児・介護休業法の改正ポイントは以下の6つです。

・1.産後8週間以内に、最長4週間の育休(男性版産休)が取得できる

現行の育児休業制度では、子どもが1歳になるまで(保育園に入所できないなどの事情がある場合は、最長2歳になるまで)の間に、申請した期間の休業を取得することができます。

改正後の新制度では、これまでの育児休業とは別に、出産日から8週間以内に最長4週間の育児休業(男性版産休)を取得できるようになります。また、4週間を2回に分割して取得することも可能です。なお、女性は出産翌日から8週間が産後休暇となる点に変更はありません。

・2.2回まで分割して育休が取得できる

これまでの制度では育児休業を分割して取得することは原則としてできませんでした。しかし、新制度では2回まで分割して取得できるようになります。この分割取得は男性だけでなく、女性も可能になります。

なお、これまでも男性向けには、出産後8週間以内に育児休業を取得して復帰した場合、再度育児休業を取得できるという「パパ休暇(出産後8週間以内に取得した場合の再取得の特例)」がありました。今後はこのパパ休暇が、新制度に移行されます。具体的には、以下の点が現行の制度から大きく変わります。

男性版産休の創設と、育休の分割取得が可能に

出典:厚生労働省「男性の育児休業取得促進等に関する参考資料集」をもとに作成
https://www.mhlw.go.jp/content/11901000/000727936.pdf

・3. 申出期限は2週間前までに緩和

育児休業の取得に際し、これまでは育児休業取得の1ヵ月前までの申出が原則でしたが、2週間前までの申出に緩和されます。

育児休業取得の申出とは、育児休業を取得する際に行う手続きのことで、申出を行う人は事業主(所属する会社)の担当者に育児休業を取得したい旨を伝えて手続きを行います。

・4.雇用されて1年未満でも、非正規雇用者でも取得可能

これまでは有期雇用労働者(派遣社員・契約社員・パートタイマーなど)が育児休業を取得するためには1年以上の雇用期間が必要な条件でしたが、この要件が撤廃されました。それによって、派遣社員や契約社員、パート勤務の方なども育児休業を取得しやすくなります(なお、労使協定の締結によって、引き続き雇用された期間が1年未満の労働者を育休取得の対象から除外することは可能です)。

ただし、子どもが1歳6ヵ月に達するまでの間に契約が満了することが明らかな場合は育児休業を取得することはできません。

・5.労使協定で定めた場合、休業中の就業が可能

これまで、育児休業を取得している期間の就業は原則としてできませんでした。新制度では、労使協定を締結している場合に限り、一定の労働時間を上限に、就業が可能になります。

・6.企業に「育休取得の意向確認」「取得しやすい環境整備」「取得率公表」を義務付け

男性が育児休業を取得しやすくするため、労働者または配偶者が妊娠、出産の申出をしたときには、会社は本人に、新制度や現行育児休業制度の説明と、取得の意向確認を行うことが義務付けられました。

それに伴い、会社は育児休業を取得しやすい環境を整えることも義務化され、育児休業に関する研修や相談窓口の設置等の選択肢からいずれかを選択し実施する必要があります。

さらに、従業員が1,000人超の大企業は、男性の育児休業取得状況の公表が義務付けられることになりました。

改正前と改正後の制度の違い

(1)出生直後の時期の柔軟な育休取得(公布後1年6ヵ月以内の政令で定める日)

  • ※1職場環境の整備などについて、今回の改正で義務付けられる内容を上回る取り組みの実施を労使協定で定めている場合は、1ヵ月前までとすることができる。
  • ※2具体的な手続きの流れは以下①~③
  • 労働者が就業してもよい場合は事業主にその条件を申出
  • 事業主は、労働者が申し出た条件の範囲内で候補日・時間を提示
  • 労働者が同意した範囲で就業

就業可能日等の上限(休業期間中の労働日・所定労働時間の半分)は、厚生労働省令で定められる予定

改正前
(現行の育児休業制度)
改正後
(新制度。現行制度とは別に取得可能)
対象期間、取得可能日数
原則、子が1歳まで
※保育所に入所できないなどの事情があれば、最長2歳まで延長可
改正前の育休に加えて、子の出生後8週間以内に4週間までの育休取得(男性版産休)が可能に。2回まで分割して取得することが可能。
申出期限
原則、育休開始予定日の1ヵ月前まで 原則、育休開始予定日の2週間前まで※1
分割取得
原則、分割不可 2回まで分割取得可能
(現行の育休も2回まで分割可能になるため、最大4回の分割取得ができるようになる)
休業中の就業
原則、就業不可 労使協定を締結している場合に限り、労働者が合意した範囲※2で就業可能

(2)事業主の義務(令和4年4月施行)

改正前 改正後
・育児休業を取得しやすい雇用環境の整備(研修、相談窓口設置等)
・妊娠・出産(本人または配偶者)の申出をした労働者に対する個別の周知・意向確認の措置

(3)育児休業の分割(公布後1年6ヵ月以内の政令で定める日)

改正前 改正後
・原則、分割は不可
・1歳以降に育休を延長する場合、育休開始日は1歳、1歳半の時点に限定
・(1)の新制度とは別に、分割して2回まで取得可能
・1歳以降に延長する場合について、育休開始日を柔軟化

(4)契約社員・派遣社員・パートタイマーなど有期雇用労働者の育児休業取得要件の緩和(令和4年4月施行)

改正前 改正後
以下の2点が取得要件
(1)引き続き雇用された期間が1年以上
(2)1歳6ヵ月までの間に契約が満了することが明らかでない。
改正前の(1)の要件を撤廃し、(2)のみに要件緩和
※無期雇用労働者と同様の取り扱いになる(引き続き雇用された期間が1年未満の労働者は労使協定の締結により除外可)

(5)育児休業取得状況の公表(令和5年4月施行)

改正前 改正後
従業員1,000人超の企業は、育児休業等の取得状況の公表が義務付け

法改正後は柔軟な育休プランが立てられる

法改正後は柔軟な育休プランが立てられる

今回の法改正は、育児休業を柔軟に利用しやすい制度にすることを目的としています。具体的にどのような育児休業プランが立てられるのかを解説します。

・分割できることで様々なタイミングに対応できる

法改正によって、現行の育児休業も分割取得ができるようになることに加えて、産後8週間以内にも分割して育児休業を取得できる点がポイントです。これによって、出産後にそれぞれの家庭で必要なタイミングに育児休業を取得することができるようになり、今までよりも仕事と育児を両立しやすい環境を整えやすくなります。

育児休業分割取得の具体例

出典:厚生労働省「男性の育児休業取得促進等に関する参考資料集」をもとに作成
https://www.mhlw.go.jp/content/11901000/000693710.pdf

妻の出産時や・里帰りから戻るタイミング

これまでも産後8週間以内の育児休業の取得は可能でしたが、分割取得をすることはできませんでした。「取得例1」のように、産後8週間の期間で分割して育児休業を取得できるようになることで、「妻の出産時」「妻が里帰りから戻る時」など、各家庭で必要なタイミングで育児休暇を取得できるようになります。仕事への影響を小さくしつつも柔軟に育児体制が構築でき、男性の育休取得がしやすくなります。

産後8週間以内の育児休業の取得ができれば、出産の立ち合いや、産褥(さんじょく)期と呼ばれる、母体を安静に保たねばならない期間の家事や上の子の育児などを夫がメインで担うことが可能になります。
一般的に、母体が妊娠前の状態に戻るまでには8週間以上かかるといわれます。また、出産直後に多くある役所への手続や、きょうだいがいる場合は通園、通学などのサポートなど、すべきことを分担して効率よく進めることができます。また、出産で妻が里帰りをしていた場合は、妻が戻る頃に夫が育児休業を取得し、夫婦で協力してじっくり育児に取り組むこともできます。

妻が職場復帰するタイミング

妻が職場復帰をするタイミングで、夫が育児休業を取得することもできます。

妻が職場復帰をする場合、保育園の送迎や、子どもの病気の対策など、夫婦ともに生活リズムや生活環境が大きく変わります。特に妻が長く仕事を休んでいた場合は、仕事のある生活に慣れるまで、少しでも仕事に集中できると助かるでしょう。妻が職場復帰するタイミングで夫が育児休業を取得して、短い期間でも家事や保育園送迎などを担い、夫婦で協力して仕事と子育てを両立できる環境づくりをしておくと安心です。

例えば、千葉県船橋市では保育所に入所した月の翌月15日まで育児休業を取得することができます(2021年9月時点)。4月から子どもが保育所に入所する場合、妻は4月から復職し、夫は3月から5月15日まで育児休業を取得、妻の職場復帰のサポートや慣らし保育期間の送迎を担当する、というプランを立てることもできます。なお、育児休業をいつまで取得できるかは各自治体によって異なるので、お住まいの地域の期間を確認しつつ、夫婦にとって良いプランを検討しましょう。

子どもが1歳を過ぎたタイミング

これまでは、子どもが1歳を過ぎた時点で保育所に入所できない場合などは、自由なタイミングで育児休業を取得することはできませんでした。法改正により柔軟に育児休業を取得することができるようになるため、一度職場復帰してから、育休の再取得も可能になります。

例えば、「取得例2」のように、子どもが1歳を過ぎても保育所に入所できない場合などには、妻の職場復帰後に夫が育休を取得し、その後妻が育児休業を再取得する…など、夫婦で交代して仕事と育児のバランスをうまくとりながら育児休業を取得することも可能になります。

・休業中も働けるので、業務への影響を抑えられる

現行の制度では原則禁止である休業中の就労について、新設される産後8週間までの期間では、会社と調整・合意した範囲内で就労可能になる場合があります。最近では在宅ワークの普及が進んでおり、育児で外出が難しくても、自宅にいながら仕事がしやすい環境が整ってきました。育児休業中でも仕事ができれば、その分引継ぎなどのオペレーションを軽減することができます。ただし、休業中の就業については、就業可能日等の上限が設けられる予定なので、注意が必要です。

「男性版産休」を取得するためには?

それでは、実際に「男性版産休」を取得するには、どのような手続きが必要なのでしょうか。今回の改正の大きなポイントは、現行制度では育児休業取得の1ヵ月前までに申出が必要でしたが、改正後は2週間前までに緩和されている点です。以下では、具体的な取得方法について解説します。

・男性が育休を取得するための手順

男性が育児休業を取得するための具体的な手順としては、以下のとおりです。

1.勤務先に対し、育休を取得したい意向を伝える

まずは自分の意向を会社に伝えることから始まります。職場環境によっては業務の進捗状況や人員不足も予測されるため、できるだけ早めに勤務先に申請するといった配慮も大切です。

2. 育児休業給付受給資格確認票・育児休業給付金支給申請書を提出する

原則、申請手続きは勤務先を通じて行うため、勤務先に「育児休業給付受給資格確認票」「育児休業給付金支給申請書」を提出します。育児の証明のために、母子健康手帳の写しなども必要です。その後、勤務先が管轄のハローワークで申請書等必要書類を提出し、手続きを行います。

3.育児休業等取得者申出書(健康保険・厚生年金)を提出する

育児休業を取得する際、休業を開始する月から終了する予定月の前月(育児休業終了日が月の末日の場合は育児休業終了月)の期間は、社会保険(健康保険・厚生年金)の支払いが免除になります。そのため、育児休業を行う期間を勤務先に伝えましょう。以降は、勤務先が日本年金機構に手続きを行ってくれます。

4.育児休業届出書を提出する

勤務先に対して育児休業を申請するための書類です。これまでは育児休業取得の1ヵ月前までに申出が必要でしたが、法改正後は2週間前に緩和されています。提出後は、勤務先から「育児休業取扱通知書」が交付されます。

育休取得中の給付金、お給料はどうなる?

「男性版産休」の制度が利用できるとしても、収入面が気になるという人も多いでしょう。育児休業を取得した場合のお給料への影響について解説します。

・育休中は給料の67%が受け取れる

育児休業期間中は「育児休業給付金」として、休業前の給与の67%相当額(181日目以降は50%)の給付を受けることができます(今回の法改正に伴う受給額の変動はありません)。これによって、育児休業取得期間中の経済的な不安はある程度軽減されるでしょう。ただし、給与と同じように毎月給付を受けるのではなく、申請と給付は2ヵ月に一度なので注意しましょう。

・育児休業給付金の計算方法

育児休業給付金の計算方法は以下のとおりです。

●休業開始時賃金日額×支給日数×67%(6ヵ月経過後は50%)

休業開始前賃金日数は、休業前6ヵ月の総支給額を180で割った金額です。社会保険料などを控除する前の金額で、賞与は除きます。

・育児休業給付金は非課税

育児休業給付金は非課税です。所得税や住民税の負担はありません。

・育児休業給付金受給期間は社会保険料が免除

育児休業給を取得している間は、社会保険料(健康保険・厚生年金)が免除されます。なお、免除期間中は「未納」ではなく「免除」なので、保険証の使用など健康保険の給付は変わらずに受けることができます。厚生年金については「保険料を納めた期間」とみなされるため、育児休業の取得によって将来受け取る年金が減額されることはありません。

・申請期限は4ヵ月以内

育児休業給付金の申請期限は、支給開始日から起算して4ヵ月目の末日です。また、この期間に申請できなかった場合でも、時効である2年間を経過するまでは申請可能です。とはいえ、申請期限を過ぎると、支給が遅くなるなどするため、期限内に申請を行うようにしましょう。

・育休中の賞与(ボーナス)の有無は会社によって異なる

育児休業中のボーナス支給については、会社の就業規則等によって、支給される場合と支給されない場合があります。育児休業取得を検討する際には、勤務先の就業規則等を確認することが必要です。

「男性版産休」を活用し、納得の育児プランを立てよう

「男性版産休」を活用することで、今まで以上に柔軟に育児プランやキャリアプランを立てられるようになります。夫婦がお互いの価値観や希望を尊重し合いながら、納得できるプランを検討しましょう。

とはいえ、どれほど事前にプランを検討していたとしても、育児には想定外がつきもの。計画どおりにいかないことも出てくるでしょう。例えば、子どもの体調が急に悪くなったり、自分たちが体調を崩してしまったり、子どもが食物アレルギーであることがわかったり…様々なことが起こり得ます。しかし、その想定外の出来事も「子育ての醍醐味」ととらえ、夫婦や家族、周囲の人たちと協力しながら、一つ一つ乗り越えていきたいものです。

そのような意味からも、勤務先に育児休業を取得しようとする社員がいれば、社内全体で可能な限りサポートを行っていくことが大切です。育児・介護休業法の改正後は、会社側も労働者が育児休業を取得しやすい環境を整えることが義務付けられますが、最も重要なのは社員それぞれの育児に対する意識です。育児休業を取得する社員が、育児休業期間に育児に集中することができ、不安なく復職できるよう環境を整えることが大切です。

ライタープロフィール

鈴木 さや子

監修者

ファイナンシャルプランナー 鈴木 さや子(すずき さやこ)

  • 株式会社ライフヴェーラ代表取締役 みらい女性倶楽部 代表
  • ファイナンシャルプランナー(CFP)・1級FP技能士・DCプランナー1級・キャリアコンサルタント(国家資格)・All About学費・教育費ガイド

生活に役立つお金の情報やキャリアの考え方についてメディアを通じて発信。専門は教育費・ライフプラン・確定拠出年金。商品の仲介や販売を一切行わず、執筆・研修・講演など幅広く活動している。

みらい女性倶楽部HP
https://miraijosei.com/

(掲載開始日:2021年9月8日)

2109445-2209