※このページでは楽天保険グループの保険商品をお薦めしています。

ペットの熱中症は危険!犬や猫の症状から応急処置、予防法まで徹底解説!

ペットの熱中症は危険!犬や猫の症状から応急処置、予防法まで徹底解説!

毎年のように記録的な猛暑のニュースが飛び込んでくる日本。熱中症への注意が呼びかけられることも多いものですが、犬や猫などのペットも人間のように熱中症になるのでしょうか?実は、真夏に限らず室内でもペットは熱中症になることがあります。そこで、大切なペットを熱中症にさせないための予防法や、熱中症になってしまったときの応急処置の方法など、飼い主が知っておきたい熱中症対策をわかりやすく解説します!

ペットの熱中症はなぜ危険なの?

犬や猫などが熱中症になると、急変や死亡などのリスクがあると考えられています。まずは、ペットが熱中症になった場合にどんな危険があるのかを知っておきましょう。

犬や猫は熱中症にかかるリスクが高い

熱中症は、高い気温や湿度によって体温が上がったり脱水を起こしたりして、全身に生じる症状です。人間はほぼ全身に分泌腺があるため、暑いときには体中から汗をかいて体温を下げることができます。しかし、犬や猫は汗が出る分泌腺が足の裏や鼻の付近など一部にしかなく、人間のように汗をかくことができません。

このため、犬は口を大きく開けてハアハアと息をしたり(パンティング)、猫は全身を舐めたりすることで体温を下げます。また、涼しい場所に寝そべるのも体温を下げるための行為のひとつです。しかし、人間が汗をかくよりも効率が悪く、体に熱がこもりやすいため、犬や猫は熱中症になる危険が高いと考えられているのです。

死亡率が高く後遺症が残る危険もある

気温や湿度が高いと、パンティングなどによる体温調節をしても熱を下げられず、高体温の状態が続くと、臓器にダメージが生じてきます。熱中症は症状が悪化するスピードが早く、熱中症が治っても脳障害や腎障害、呼吸障害などの後遺症につながったり、急変して死んでしまったりすることも。愛犬や愛猫の様子がいつもと違う、と感じたらすぐに対処しましょう。

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ) 獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師 竹尾先生のアドバイス! 獣医師 竹尾先生のアドバイス!

暑くなってくる季節で、ワンちゃん猫ちゃんを飼っていらっしゃる飼い主に気をつけていただきたいのが「熱中症」です。日中、飼い主がお仕事に出ている間のお留守番をしているとき、買い物の間に車内でお留守番をさせるとき、昼間のお散歩などのシーンでも起こりうる事故で、飼い主が気をつけることで防ぐことができます。熱中症で怖いのが、「死」に至ることも多いということです。症状が悪化すると各臓器への障害を引き起こし、治療の甲斐なく、亡くなってしまうことも多いです。熱中症により体がショック状態になることで低血糖を引き起こし、意識障害や発作の要因に繋がったり、「敗血症」といった予後不良に陥ったりするケースもあります。

また、各臓器へのダメージによって命を落としてしまうこともあります。代表的な症状としては「消化管」へのダメージで、消化管粘膜が壊死してしまい嘔吐や下痢、消化管出血が起こり死につながるケースや、高体温や脱水による循環障害により脳へダメージが起きることにより意識障害や発作が起こることもあります。また、循環障害によって腎臓がダメージを受け、急性腎不全へ発展する可能性もあり、一度悪くなった腎臓は元には戻らないため、無事に生還できても「慢性腎不全」として腎臓に障害が残ってしまい、継続的な点滴治療が必要になることもあります。こうした危険性があることを知り、暑い時期はより一層気をつけてあげてください。

こんなしぐさが出た場合は注意!ペットの熱中症のサインは?

それでは、熱中症になったとき、犬や猫などのペットはどんなしぐさをするのでしょうか?初期の段階の症状と、命に関わる重症化したときの症状について紹介します。熱中症のサインを見逃さないようにしましょう。

熱中症の初期の症状

熱中症の初期症状としては、「ハアハアといった荒い呼吸」「目の充血」「ぐったりしていて立てない」などが見られます。以下のような症状が出ているときは、熱中症の疑いがあります。

ただし、犬は熱中症でなくてもパンティングをしますが、猫は基本的に鼻呼吸のため、パンティングをするのは稀です。猫がハアハアと口呼吸をしているときは、かなり体温が高くなっている可能性があります。すぐに動物病院に連れて行きましょう。

熱中症が重篤化した場合の症状

熱中症が悪化すると、嘔吐や下痢、吐血、痙攣など、深刻な症状を見せるようになります。以下のような症状が出ていたら命の危険がありますので、早急に獣医師の診察を受けましょう。

こんな症状は熱中症のサイン こんな症状は熱中症のサイン

涼しい場所を探しているときは要注意

犬や猫は暑くなると、自分で涼しい場所を探します。冷たいフローリングの床などにお腹をペタッとつけて寝ているときは暑いと感じているサインです。なかなか涼しい場所を見つけられずにウロウロしているときは、体が熱くなっていないか確認してください。また、人間と同じように食欲が落ちることもありますので、暑い日はごはんを食べる様子も観察しましょう。

熱中症の疑いあり!応急処置はどうする?

熱中症の疑いがあるときには、一刻も早く対処する必要があります。「応急処置の方法」や「効果的に体を冷やす方法」など、犬や猫などが熱中症になったときの対処法を紹介します。

もし熱中症になったら、すぐに応急処置を

ペットが熱中症になったときは、日の当たらない涼しい場所に移動させ、体に水をかける、保冷剤で冷やすなど、まずは体温を下げましょう。すぐに受診できるように動物病院に連絡し、指示を仰ぐことも大切です。

応急処置(1) 全身に常温の水をかける

水をかけるときは、ショックを与えないように心臓から遠い足元から冷やしていきます。このとき、常温の水をかけましょう。早く熱を下げようと冷水をかけると血管が収縮し、温度の高い血液が各臓器に循環します。そうすると熱を発散しにくくなり、深部体温が下がらず、かえって臓器へのダメージが進むことがあるためです。また、犬と違って猫には水浴びの習慣がなく、水を浴びせるとショック症状を起こす危険がありますので注意が必要です。

応急処置(2) 水で濡らしたタオルなどで包む

水で濡らしたタオルなどで全身を包んで冷やします。

応急処置(3) 涼しい場所で風を送る

日陰など涼しい場所に移動させ、うちわ、扇風機、エアコンなどで風を送ります。外で処置する場合、地面が体温よりも高いと逆効果ですので、濡れたタオルなどを敷いた上に寝かせてあげましょう。

応急処置(4) 保冷剤で脇の下などを冷やす

冷やす場所は、頸動脈(首の喉側)、脇の下(前足の付け根の内側)、そけい部(後ろ足の付け根の内側)など太い血管があるところが効果的です。保冷剤や氷のうは直接あてると凍傷になる危険がありますので、タオルなどで包んで冷やしましょう。

応急処置(5) 水を飲ませる

飲み物として、少しずつ水を与えます。飲めないときはコットンなどに含ませて口を湿らせるようにします。なお、水滴を与えても舌や喉が動かないときは窒息する危険があるため、無理に飲ませてはいけません。

熱中症のときは体を冷やすことが大切ですが、冷やしすぎにも注意が必要です。肛門で測った体温が平熱近くの38℃台まで下がると、その後も体温が下がり続けて冷えすぎの状態になります。そうすると体が震えてまた体温が上がってしまいます。冷水を浴びせたり、冷水の中にペットの体をつけたりしてはいけません。

熱中症になったときの応急処置 熱中症になったときの応急処置

なるべく早く動物病院を受診!

応急処置を行ったら、冷やした状態のまますぐに動物病院へ行き、受診をします。応急処置である程度回復した場合でも獣医師の診察を受けましょう。体温が下がった後も臓器がダメージを受け続けていて、翌日以降に急変する可能性があるからです。

動物病院では検査と並行して対処療法を

動物病院では症状に応じた対処療法を行います。血圧測定や血液検査などで身体の状態を把握します。並行して、症状に応じて酸素吸入や冷却などの処置が行われます。他にも脱水を補うための点滴治療や、ショック症状や脳炎を防ぐためのステロイド剤の投与などをすることもあります。

治療費も症状によって大きく変わります。軽症の場合はそれほど高額にはなりませんが、入院治療が必要な場合は16日間の入院で約15万円というケースもあります。なお、日本獣医師会の調べによると、初診料は1,000〜2,000円、皮下注射の輸液は1,000円〜2,000円の動物病院がもっとも多くなっています。

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ) 獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師 竹尾先生のアドバイス! 獣医師 竹尾先生のアドバイス!

ワンちゃんや猫ちゃんの熱中症に対する治療の遅延は死に至る危険性が高まるため、熱中症が疑われたら早急に治療をすることが大切です。前述の応急処置を施し、直ちに動物病院を受診してください。

また、治療費については、発見時の時間帯や重症度によって大きな幅が出る可能性があります。夜間診療や早朝など診察時間外であれば、時間外料金が発生する病院が多いのではないでしょうか。臓器不全の重症度が高いほど高度な医療機器や手術、高額な治療薬が必要になる場合もあります。

【ミニコラム】ペットの熱中症対策にスポーツドリンクは有効?

人間は汗をかくとミネラルや塩分が失われるため、それらを補えるスポーツドリンクが熱中症対策に効果的とされています。しかし、犬や猫は大量に汗をかくわけではなく、水を飲むのは体温を下げるためです。このため、スポーツドリンクを与える必要はありません。ただし、脱水症状が出ているときにはスポーツドリンクが有効な場合もあります。人間のスポーツドリンクに含まれている糖分や塩分はペットにとっては多すぎますので、ペット用のものを与えましょう。

どんなときにペットは熱中症になるの?

熱中症というと真夏のイメージがありますが、5月頃からすでに熱中症になる犬や猫が増えてきます。ペットはどんなときに熱中症になるのでしょうか?熱中症の原因や熱中症にかかりやすい犬種や猫種について知っておきましょう。

【犬や猫の熱中症の原因】高温多湿の環境

犬や猫はパンティングや体を舐めることで唾液を蒸発させ、気化熱を利用して体温を下げようとします。しかし、高温多湿の環境では蒸発しにくく、体温が下がりにくくなります。このため、屋内、屋外を問わず、高温多湿な環境では熱中症のリスクが高まります。種類にもよりますが、犬の適温は25〜28℃、猫の適温は27〜28℃、湿度は45〜65%ほどが良いといわれています。

犬や猫が暮らしやすい温度

【犬や猫の熱中症の原因】長時間水分を摂れない

長い時間水を飲めないでいると、脱水を起こして熱中症になりやすくなります。留守番をさせている間に水がなくなった、水飲み場をひっくり返して飲めなくなっていたというケースもあります。

【犬や猫の熱中症の原因】気温が高い日の散歩

環境省によると、地面から高さ150cmの位置の気温が32.3℃のとき、地面から高さ5cmの低い場所の気温は36℃以上になったという調査結果があります。また、炎天下ではアスファルトの路面は60℃近くになることも。気温が高い日の散歩では、ペットは人間よりも過酷な環境にいることを忘れてはいけません。また、蒸し暑い日にドッグランなどで運動すると、興奮して熱中症を発症することがありますので注意が必要です。

【犬や猫の熱中症の原因】締め切った部屋で留守番

暑いと感じれば犬や猫などは自分で涼しい場所へ移動しようとします。しかし、風通しが悪くエアコンなしの部屋や、ケージの中に閉じ込められていると暑さから逃れられず、熱中症になることがあります。

【犬や猫の熱中症の原因】エアコンをつけずに車内で留守番

室内と同様に車内への閉じ込めも熱中症の原因になります。JAF(一般社団法人日本自動車連盟)によると、気温35℃の炎天下に駐車した車内は、窓を閉め切った状態でエンジンを停止後、わずか15分で人体にとって危険なレベルに達したそうです。サンシェードを設置した場合でも車内の最高温度は50℃以上、3cm窓を開けた状態でも45℃に達しています。炎天下では車内は短時間で高温になり、非常に危険です。

熱中症にかかりやすい犬種・猫種

さまざまな種類の犬や猫の中でも、熱中症にかかりやすい犬種・猫種などがあります。それぞれの特徴を理解して熱中症を予防しましょう。

■短頭種

犬ならパグやフレンチブルドッグ、シーズー、猫ならペルシャ、エキゾチックショートヘア、ヒマラヤンなど、いわゆる“鼻ぺちゃ”と呼ばれるマズル(鼻梁)の短い「短頭種」は熱中症になりやすい種類のひとつです。マズルには吸い込んだ空気を冷やす機能がありますが、短頭種はマズルが狭く空気を十分に冷やすことができません。このため、熱中症になりやすいと考えられています。

■毛が長く、厚い長毛種

原産地が寒冷地の犬種や猫種、被毛が多いダブルコートの長毛種は暑さに弱く、高温多湿の日本の気候では熱中症になりやすいといえます。たとえば、犬ならシベリアンハスキーやアラスカンマラミュートなど、猫ならメインクーン、ノルウェージャンフォレストなどは暑さに弱い種類です。

■毛色が黒い

被毛が黒い犬や猫は日光の熱を吸収しやすいため、熱中症のリスクが高まります。

その他、熱中症への注意が必要なケース

■持病がある

呼吸器系の疾患や糖尿病、腎臓病、心臓病などの持病があると熱中症にかかりやすく、重症化しやすい傾向があります。手術直後など、療養中の場合も気をつけましょう。また、いわゆる認知症の場合も「水を飲む場所がわからない」「家具などの隙間から出られなくなる」といった理由から、熱中症になるリスクが高いと考えられています。

■肥満

肥満気味の場合、皮下脂肪によって体に熱がこもりやすくなります。また、首の周りの脂肪で気道が狭くなったり、内臓脂肪で胸腔が圧迫されたりして呼吸機能が低下し、熱中症のリスクが高まります。

■生後間もないペット、高齢のペット

体温調節機能が未熟な生後間もない子犬や子猫、体温調節の機能が低下している高齢の犬や猫は、暑さへの対応が苦手です。高齢になると暑くなっても移動しないことがありますので注意しましょう。

こんなワンちゃん猫ちゃんは熱中症にかかりやすい! こんなワンちゃん猫ちゃんは熱中症にかかりやすい!

【ミニコラム】意外!見落としがちな熱中症のリスク

熱中症になるリスクのある場所として、見落としがちな場所のひとつが「こたつ」です。こたつに入ったまま眠ってしまうと、気づかないうちに熱中症になっていることがあります。同様に冬の暖房器具や加湿器によって部屋の中が高温多湿になると、熱中症にかかるリスクが高まりますので注意しましょう。

また、意外なのが、ひなたぼっこ。元気な犬や猫は、暑くなれば自分で移動しますので心配ありません。しかし、高齢の犬や猫の場合、体温調節機能が低下していて、動きも鈍いため注意が必要です。真夏に長時間ひなたぼっこしている場合は、体が熱くなっていないか確認し、体温が上がっているようなら涼しい場所へ移動させてあげましょう。

【シーン別】熱中症の予防・対策とは?

熱中症にならないようにするには、大切なペットを高温多湿の環境に置かないことが第一です。散歩など屋外にいる場合や屋内で過ごす場合、車内での注意点などシーン別に熱中症の予防・対策を解説します。

【ペットの熱中症を防ぐためのポイント】屋外の場合

犬を外で飼っている場合は、直射日光があたらない風通しの良い場所に犬小屋などを置きます。涼しい場所に逃げられるように、リードを少し長めにしておくと安心です。日陰がない場合はタープなどで日陰を作りましょう。35℃を超える猛暑日は玄関などに入れてあげるようにします。暑い日は水も腐りやすいため、1日数回取り替えて、新鮮な水を飲ませましょう。

犬の散歩に関しては、暑い時期は早朝や夜などなるべく涼しい時間帯にします。短時間で終わらせることも大切です。炎天下では高い気温や強い日差しだけでなく、アスファルトから放出される熱にも注意が必要です。場合によっては散歩を中止しましょう。

また、脱水予防のためペット用の飲み水を持ち、こまめに水分補給します。応急処置に備えて、うちわやタオル、保冷剤などもあると良いでしょう。

犬や猫を連れて屋外を移動するときも注意が必要です。キャリーケースの中は熱がこもりやすいため、熱中症になりやすくなります。他にも、狭い場所が好きな猫の場合、飼い主が気づかずに外の物置小屋に閉じ込めてしまった、というケースもありますので気をつけましょう。

【ペットの熱中症を防ぐためのポイント】屋内の場合

犬や猫を室内で飼っている場合、室温に配慮すると同時に湿度にも注意が必要です。冷房だけでなく除湿機能も活用しましょう。エアコンを使用していても場所によって温度差がありますので、扇風機や冷風機を併用して空気を循環するようにします。エアコンなどの風が直接ペットにあたると体が冷えすぎてしまうことも。風向きにも注意しましょう。

また、直射日光も熱中症のリスクを高めます。カーテンなどで日差しが入らないようにし、直射日光があたらない涼しい場所にケージなどを移動させましょう。熱中症の予防にはこまめな水分補給も重要です。水入れを数カ所に置いて、常に水を飲める環境にしてください。お留守番をさせるときは、ペットが自分で涼しい場所に移動できるようにしておくと安心です。ただし、誤飲などの事故がないように事故防止対策をしっかりしておきましょう。

【ペットの熱中症を防ぐためのポイント】車内の場合

ペットを乗せる前にエアコンを入れて、車内の環境を整えておきましょう。また、車内への放置による熱中症も多数発生しています。炎天下では、窓を開けていても短時間で車内が高温になり非常に危険です。「ちょっとの間だから……」という油断は大切なペットを熱中症の危険にさらします。車内に残してはいけません。

シーン別 熱中症の予防・対策 シーン別 熱中症の予防・対策

ペットの熱中症を防ぐための便利なグッズ

ペットの熱中症を防ぐにはさまざまなグッズを活用するのも有効です。たとえば、ペット用の保冷剤の入ったクールマットや熱を吸収する大理石マット、アルミプレートなどを使用すれば、ペットがいる場所を涼しくすることができます。凍らせたペットボトルをタオルで包んで保冷剤代わりにしても良いでしょう。

また、犬の散歩のときには水で濡らすと冷たくなるウェアやスカーフを利用すると安心です。被毛が黒いペットは、白い服など日光を反射させる服を着せると熱中症対策になります。長毛種の犬や猫は、ブラッシングをして冬毛を取り除いておくと、通気性が良くなり、体の熱が逃げやすくなります。

まとめ

犬や猫などのペットは熱中症になりやすく、最悪の場合、短時間で死んでしまう危険もあります。旅行などでペットを飛行機に乗せるときも注意が必要です。ペットはケージに入れて空調の効いた貨物室に預けますが、気候によっては高温になることもあるため、熱中症のリスクを伴うからです。日頃から対策をして、熱中症にならないように気をつけましょう。万が一、熱中症になったときは素早く応急処置を行い、なるべく早く獣医師の診察を受けましょう。

監修者情報

監修者プロフィール

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ) 獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師竹尾 記子(たけお ふさこ)

所属
麻布大学生理学第二研究室 院生

関東周辺の動物病院で獣医皮膚科診療を中心に動物の診療を行っております。
また、動物病院にて診療に従事する傍ら、麻布大学の生理学第2研究室で院生として、動物の皮膚治療の研究を行っています。動物と皮膚が好きな獣医師です。

このページを見た人におすすめの保険商品

リンク先は楽天ペット保険のページになります

このページを見た人によく見られているカテゴリ

R222201200

  • このページの内容は、一般的な情報を掲載したものであり、個別の保険商品の補償/保障内容とは関係がありません。ご契約中の保険商品の補償/保障内容につきましては、ご契約中の保険会社にお問合せください。
  • 税制上・社会保険制度の取扱いは、このページの掲載開始日時点の税制・社会保険制度に基づくもので、すべての情報を網羅するものではありません。将来的に税制の変更により計算方法・税率などが、また、社会保険制度が変わる場合もありますのでご注意ください。なお、個別の税務取扱いについては所轄の税務署または税理士などに、社会保険制度の個別の取扱いについては年金事務所または社会保険労務士などにご確認のうえ、ご自身の責任においてご判断ください。

(掲載開始日:2022年6月14日)

推奨方針
当社は楽天保険グループの一員として、当サイトで新規にご契約されるお客さまに対して、楽天保険グループ各社(損害保険・ペット保険は楽天損害保険株式会社、生命保険は楽天生命保険株式会社)の商品をご提案しております。
上記以外の保険会社の商品をご希望の場合、こちらをご確認ください。

2205303-2305