保険代理店の楽天インシュアランスプランニング(株)が運営するサイトです。こちらのサイトでは楽天グループの保険商品をおすすめしています。
その他の保険会社の商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

※このページでは楽天保険グループの保険商品をお薦めしています。

犬猫のノミ・ダニにはどう対処すればいいの?原因、予防、対策、駆除方法、ノミ・ダニが原因になる病気を解説します

犬猫のノミ・ダニにはどう対処すればいいの?原因、予防、対策、駆除方法、ノミ・ダニが原因になる病気を解説します

犬や猫など、ペットとともに安心して暮らすためには、ノミ・ダニ対策が大切です。とはいえ、ノミ・ダニを完全に防ぐのは難しいもの。では、ペットの体にノミやダニを発見した場合、どのように対処すればよいのでしょう?また、できることならノミ・ダニがペットの体についてしまうのを防ぎたいですよね。この記事では、ノミ・ダニの原因や予防法、駆除方法、人間への影響や、ノミ・ダニによって引き起こされる病気などについて、獣医さんのアドバイスと共に解説します。

犬・猫のノミやダニ。原因は?予防するにはどうしたらいいの?

ノミやダニは、室内外を問わずさまざまな場所に生息しています。犬や猫は、ノミ・ダニが寄生しやすいうえ、体に毛が密集しているので発見が難しいことも。知らないうちにノミやダニが大量発生していた、というケースも十分考えられます。

犬・猫のノミ・ダニの原因は?

「うちの猫は室内で飼っているから、猫ノミはつかないはず」と思っている飼い主さんもいるかもしれませんが、外出時に人の服や靴にノミがくっつくことで、家の中にノミが入ってしまうことは珍しくありません。また、犬の散歩の際に、道にノミの成虫・幼虫・卵が落ちていることは多いですし、茂みや草むらに近づいたときに、ノミが犬の体に付着し、室内に持ち込まれることもあります。

ただし、ノミはすぐに犬や猫に寄生するわけではありません。ノミがペットに寄生するのは、ノミが成虫になってからですが、成虫として存在するノミは全体の5%程度と言われ、それ以外の95%は、幼虫や卵、サナギとして、湿気が高く暗い場所(部屋の隅、ソファ、カーペット、畳の隙間など)に潜んでいます。

一方、ダニはクモの仲間です。ダニというと、アレルギーの要因になるものとのイメージがありますが、ダニはたくさんの種類のものが生息し、ペットに寄生して悪影響を及ぼすのは、マダニ、耳ダニ、ネコツメダニ、ヒゼンダニなどです。ダニについては後ほど詳しく説明します。

犬・猫のノミ・ダニの予防法は?

このように、ノミやダニは簡単に室内に侵入し、生息しています。ノミは成虫になるとペットの体に寄生するので、卵、幼虫、サナギなど、まだ未成熟のうちに室内から除去しておくことが大切です。

日ごろから掃除機をまめにかけて室内を清潔に保ち、ノミが繁殖しない環境づくりを心がけましょう。掃除機だけではなく、粘着テープのついたコロコロなどを併用するのもおすすめです。

部屋の掃除のほか、換気、温度や湿度の調節も大切です。また、ノミは熱に弱く、60度以上で死滅するとされています。そのためペットがよく過ごす場所にあるもの(シーツ、カバー類、毛布)やクッションなどは、お湯で洗い、乾燥機で乾かしましょう。乾燥機がない場合は、ノミは湿気を好みますので布団を干すことも有効です。その場合は両面をしっかり干しましょう。

ペットをノミ・ダニから守ろう ペットをノミ・ダニから守ろう

獣医師 小林 真也(こばやし しんや)

獣医師 小林先生のアドバイス!獣医師 小林先生のアドバイス!

ノミは吸血開始後、24~48時間で1日あたり20~50個の卵を産卵し、13度以上の気温で活動するので、家に持ち帰ったノミはあっという間に増えてしまいます。マダニもまた、飽血状態だと3,000~4,000個の卵を産卵すると言われています。大事なのはノミやダニを家に持ち帰らないこと、そして万が一持ち帰ってしまったとしても、愛犬や愛猫にノミやダニを寄生させないことが重要です。そのために、予防薬の使用を徹底しましょう。予防していれば万が一ノミやダニが吸血しても、そのまま産卵することなく死んでしまうからです。動物病院と相談して、ノミ・ダニの予防薬を処方してもらうといいでしょう。最近では垂らすスポットタイプの予防薬以外に、おやつタイプの経口薬の予防薬もありますので、愛犬や愛猫に適した予防薬を処方してもらうと良いでしょう。

リンク先は楽天ペット保険のページになります

ノミやダニの駆除はどうしたらいいの?

ただ、どれほど念入りに予防しても、ノミやダニを完全にシャットアウトするのは難しいものです。
ペットにノミやダニが寄生してしまったときの対処法、家庭でもできる駆除方法をご紹介します。

犬猫のノミの見つけ方

ペットがしきりに体をかいたり、地面に体をこすりつけたりする、毛に黒いフケのようなものがついている、脱毛や発疹、ただれがあるなどの場合は、ノミやダニが寄生しているのかもしれません。

上記のような様子が見られたら、ノミ取り用のクシを使用して、ブラッシングを丁寧に行ってあげましょう。ノミの成虫は1~2ミリ程度の大きさで、色は茶色。肉眼でも見えますが、光を嫌う習性があるので、ペットの毛のなかを移動して隠れてしまうとなかなか発見できないことも多いのです。

そこでおすすめなのが、ノミの糞を発見する方法です。ペットの毛をかき分けた部分に黒い砂粒のようなものが複数ついていたり、ブラッシングした際、クシに同じようなものがついていたりしたら、濡らしたティッシュの上に置いてみます。砂なら変化はありませんが、赤くにじむようならそれはノミの糞です。糞があれば、ペットの体にノミが寄生していることがわかります。

ネコノミの成虫。

ネコノミの成虫。
画像提供:皮膚と耳専門 ヒフカフェ動物病院

犬猫のノミを見つけたらどうする?

ノミの成虫を見つけたとき、ぜったいにしてはいけないのが「ノミをつぶしてしまう」こと。
つかまえたノミがメスのノミだった場合、つぶしたことで卵が飛び散ってしまうからです。これ以上ノミを繁殖させないためにも、ノミをつかまえたら、つぶさずに中性洗剤(食器用洗剤)を入れた水に沈めましょう。また、ノミを粘着テープなどに付着させてもつぶさずに、洗剤を入れた水に沈めて駆除します。

また、ノミの成虫を一匹でも発見した場合、室内にまだノミが潜み、またペットに寄生する可能性もあります。ノミを除去するためには最低でも3週間は室内を徹底的に掃除し、掃除をしたあとはスプレータイプのノミ駆除薬を吹きかけます。ただし、人が直接的に吸い込んだり、動物が薬剤を舐めたりすると、中毒症状が出ることもあるので、注意が必要です。また、掃除機の吸い取りやフィルターも、殺虫剤で消毒しておくとよいでしょう。

シャンプーはペット専用のものを

ノミは水に弱いので、ペットをお風呂に入れたり、シャワーをしてシャンプーをしてあげたりすることで取り除くことができます。シャンプーをする際は、ペット用のノミ取りシャンプー、ペット専用のシャンプーを使用しましょう。シャンプー後はドライヤーで毛を乾かし、ノミ取り用クシでブラッシングします。

獣医師 小林 真也(こばやし しんや)

獣医師 小林先生のアドバイス!獣医師 小林先生のアドバイス!

必ずペット用のシャンプーを使いましょう!間違っても人用のシャンプーは使わないようにして下さい。なぜなら、人と犬と猫の皮膚のpH(酸性とかアルカリ性の程度)はそれぞれ違うからです。人間が弱酸性(pH4.5-5.5)であるのに対し、犬は弱アルカリ性(pH7.8)、猫は中性(pH7.0)になります。シャンプーはそれぞれの皮膚のpHに合わせて作られていますので、万が一人用のシャンプーを動物に使用した場合は、皮膚のバリア機能が低下して皮膚のトラブルに繋がることもあるので注意が必要です。

ノミを見つけたら、応急処置だけでなく動物病院へ

シャンプーや掃除は、応急処置やノミ予防対策として有効ですが、ノミを見つけたら、早めに動物病院に連れていき、駆除用の薬を処方してもらったほうがよいでしょう。駆除用の薬を使用すれば、およそ24時間以内にノミを駆除できます。

スポットタイプの薬剤、光でノミを誘引して捕獲・駆除する電子式ノミ取り、ノミ取り首輪など、市販品やネットで購入できる駆除方法もあります。ただし、自己判断で使用するのは、ペットへの影響や副作用、アレルギーなどの心配がありますよね。
心配なときや、初めてペットのノミを発見したときは、やはり動物病院に連れて行って治療を受け、その後の対策も含めたアドバイスをもらうのが良いでしょう。

ノミ・ダニの駆除方法 ノミ・ダニの駆除方法

リンク先は楽天ペット保険のページになります

ペットを、ダニ(マダニ、耳ダニ)からどう守る?予防法・治療法は?

ノミとダニは、同じ駆除薬を使用することも多いので、予防・対策としてひとくくりにされることの多い害虫ですが、そもそもノミとダニは別の生き物です。
ここからは、ダニが引き起こすペットの症状と、ペットに悪影響を及ぼすダニの種類についてお伝えします。

怖いのは「マダニ」。危険性と対応策は?

ひとくちにダニといっても種類はたくさん。ダニはペットに寄生し、さまざまな症状を引き起こしますが、なかでもペットにとって危険なのが、さまざまな細菌やウイルスを媒介する「マダニ」です。

ダニというと、室内に潜んでいるものというイメージがありますが、マダニは草むらや茂みに潜む大きなダニです。犬は草むらが大好きなので、お散歩のときは注意が必要です。
マダニが活発に活動するのは、春~秋といわれていますが、近年は温暖化の影響で1年中活動しているマダニも少なくないと考えられています。

犬がマダニに噛まれてしまったらどうなる?

室内だけで飼っている猫なら草むらに近づく危険はありませんが、毎日のようにお散歩に行く犬は、常にマダニと接触する危険があると言っても過言ではありません。
マダニはペットの血液が大好きで、寄生する相手を見つけると、吸血しやすい場所(耳、頭、おなか、指の間など)に飛び移り、しっかりと噛みついて、吸血が終わるまで離れません。吸血中のマダニの体は1cmほどにまで大きく膨らむので、その時点でマダニが発見されることが多いのです。お散歩から帰ったら、全身をチェックしてマダニが寄生していないかどうかを確認することが大切です。

吸血して大きく膨らんだマダニ

吸血して大きく膨らんだマダニ
画像提供:皮膚と耳専門 ヒフカフェ動物病院

マダニにはぜったいに触れず、すぐに動物病院へ

犬がマダニに噛まれていたら、すぐに取り除いてあげたいと思うでしょうが、マダニは皮膚の奥にまで頭を突っ込んで噛みついているので、簡単には取れません。
無理やり引っ張ってしまうと、マダニの胴体だけがちぎれて、頭部はそのまま犬の体内に残ってしまいます。

また、マダニは体内にさまざまな細菌やウイルスを持っているため、吸血によるアレルギー性皮膚炎、貧血、ダニ麻痺症、感染症を引き起こします。なかでも怖いのが、SFTSウイルス(重症熱性血小板減少症候群)で、これは人間にもうつる可能性があり、死亡例も報告されています。

マダニを見つけたら、素手はもちろん、ピンセットなどで取り除くことはぜったいに行わず、すぐに動物病院に連れていき、治療を受けましょう。
動物病院ではマダニ駆除に効果がある薬が処方され、マダニを安全に除去・駆除することができます。

獣医師 小林 真也(こばやし しんや)

獣医師 小林先生のアドバイス!獣医師 小林先生のアドバイス!

マダニの口の構造は特殊で、吸血する際に口の先端にある「鋏角」で皮膚を切開し、ギザギザの歯がついた「口下片」を刺し込みます。さらにセメント様の物質を注入して強固に接着し、簡単には離れないようになります。この状態で無理やり引っ張ると、口が皮膚に残ってしまうことになるのです。
マダニは吸血するとお尻が膨れてきます。「イボができたと」言って来院されるケースも少なくありません。
マダニかもしれないと感じたら、迷わず動物病院に連れて行きましょう。無理に引っ張って口が皮膚に残ると皮膚炎になってしまいますので、注意してください。また、マダニはバベシア症などの病気を媒介するので非常に怖い寄生虫です。

マダニが吸血している様子

マダニが吸血している様子
画像提供:皮膚と耳専門 ヒフカフェ動物病院

強いかゆみを引き起こす耳ダニ。症状や、治療法・駆除方法を知りたい

犬や猫が頭を振り続けたり、足で耳や頭をかきむしったりしているときは、耳ダニが寄生して、「ミミヒゼンダニ感染症」を発症している可能性があります。
耳ダニの正式名称は「ミミヒゼンダニ」といい、肉眼では確認できない小さなダニですが、感染すると、耳の中にカサカサした黒い耳垢がびっしりつくことで発見されることがあります。

耳ダニに感染したときの対処法

耳ダニは繁殖力が非常に強く、ひどいかゆみを伴います。放っておくと耳の周囲がただれたり、外耳炎、中耳炎などを引き起こしたりします。
耳ダニは、薬を使って駆除しないと完治しないので、感染が疑われたら、すぐに動物病院に連れていき、治療を受けましょう。

治療は、駆除薬で行います。3回程度の治療で完治することが多いので、完治するまでしっかり通院しましょう。途中で治療をやめてしまうと、耳の中に残った卵が孵化して再発する危険性があります。

耳ダニに感染させないためにはどうする?予防方法は?

耳ダニは、感染している動物と接触することによって感染します。野良犬や野良猫は、耳ダニに感染していることが多いため、お散歩に連れていったときは、野良犬や野良猫に近づけないようにしましょう。

獣医師 小林 真也(こばやし しんや)

獣医師 小林先生のアドバイス!獣医師 小林先生のアドバイス!

耳ダニは感染している動物から直接的にうつる外部寄生虫です。パピー(子犬)のときに感染していることが多く、そのほとんどが親犬などから感染しています。また猫を室外飼育していると、耳ダニに感染してしまうことも少なくありません。愛犬や愛猫に耳ダニを感染させないためには、野良猫や野生動物などが多くいるような、不衛生な環境に連れて行かないことが大事です。万が一接触してしまった場合には、動物病院で駆虫してもらうことをお勧めします。
また、耳ダニは外耳炎の発症要因になります。耳ダニを放置してしまうと外耳炎が悪化し痒みがひどくなります。また、中耳炎などに重症化してしまうこともあるので注意が必要です。予防方法は、耳ダニにも効果のある駆虫薬を定期的に行うことが大事です。

リンク先は楽天ペット保険のページになります

犬・猫のノミやダニ、人間への影響はあるの?

ペットのノミやダニは、人間にも悪影響を及ぼす場合が少なくありません。

そのかゆみ、もしかしたらペットのノミやダニが原因かも

ペットにノミやダニが寄生すると、飼い主である人間にも、さまざまな症状が出る場合があります。
なかでも代表的なのは、かゆみや発疹、アレルギーなど、皮膚の炎症症状です。これらは、ペットに寄生したノミやダニに刺されることによって起こります。

ノミ・ダニに刺されると、人間に重篤な症状を引き起こす場合も

マダニの媒介による疾患は、人間にもさまざまな症状を引き起こす場合があります。むやみに恐れる必要はありませんが、原因不明の発熱、貧血、倦怠感があるときは、実はダニなどが寄生しているペットからうつって感染していることも考えられます。代表的なものは、以下のような疾患です。

マダニが媒介する疾患 マダニが媒介する疾患

人間に感染させないためにも、日ごろから飼育環境の管理や、こまめなブラッシングなどのケアを徹底して、犬猫のノミ・ダニの発生を予防しましょう。

獣医師 小林 真也(こばやし しんや)

獣医師 小林先生のアドバイス!獣医師 小林先生のアドバイス!

ここ数年で問題になっているのが、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)ウイルスの人への感染報告です。2013年にSFTSウイルスにより、日本で初めて死亡例が報告されました。2020年1月現在では約500名の方の被害報告があり、そのうち70名の方が亡くなっています。マダニに感染した猫に噛まれた方が、SFTSウイルスで死亡した例もあることから、動物からの感染も否定できないのが現状です。

現時点では治療も対症療法しかなく、厚生労働省もマダニに噛まれない予防措置を講じることを伝えています。また昨年もマダニに噛まれた方が日本紅斑熱で死亡したことも記憶に新しいと思います。このようなことから、愛犬や愛猫の病気を守るためだけではなく、人への病気を未然に防ぐという意味でも、ノミ・ダニの予防は重要視されるようになってきました。

まとめ:ノミ・ダニについて

ノミやダニは人間やペットのまわりにたくさん生息しています。身近に潜むものだからこそ、注意が必要であることを認識しておきましょう。一度ペットに寄生してしまうと対応が大変なので、まずは衛生的な飼育環境を保つなど、日々の予防が何よりも大切です。

また、ノミやダニが寄生してしまう前に、動物病院で処方してもらった予防薬を定期的に投与して、大切なペット、そして人間をノミやダニから守りましょう。

予防薬は市販のものもありますが、副作用も心配ですよね。どんな薬をいつ投与すればよいのか、かかりつけの獣医師に相談しながら決めることをおすすめします。

また、ノミやダニが見つかったら早めに動物病院へ行きましょう。症状に合った駆除剤を処方してもらい、正しくノミ・ダニを退治してくださいね。

リンク先は楽天ペット保険のページになります

監修者情報

監修者プロフィール

獣医師 小林 真也(こばやし しんや)

獣医師小林 真也(こばやし しんや)

所属病院
hiffcafe動物病院 院長https://hiff-cafe.com/
北川犬猫病院https://kita-vet.com/
ウッディ動物病院https://www.woody-ah.com/

2005年に北里大学獣医畜産学部獣医学科を卒業後は埼玉県内で勤務、
その後北里大学附属動物病院で2年間研修医として勤務。
東京農工大学皮膚科単科研修医として学んだ知識を生かし、東京都大田区田園調布に皮膚・耳の専門病院として「hiff cafe tamagawa(皮膚と耳専門 ヒフカフェ動物病院)」を設立。
現在は北川犬猫病院(東京都板橋区)やウッディ動物病院(神奈川県高座郡寒川町)でも皮膚科・耳科を中心に診療している。

このページを見た人におすすめの保険商品

リンク先は楽天ペット保険のページになります

ペット保険に関するコンテンツ

このページを見た人によく見られているカテゴリ

R222001445

  • ご契約の際は、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり-約款」を必ずご覧ください。
  • 税制上・社会保険制度の取扱いは、このページの掲載開始日時点の税制・社会保険制度に基づくもので、すべての情報を網羅するものではありません。将来的に税制の変更により計算方法・税率などが、また、社会保険制度が変わる場合もありますのでご注意ください。なお、個別の税務取扱いについては所轄の税務署または税理士などに、社会保険制度の個別の取扱いについては年金事務所または社会保険労務士などにご確認のうえ、ご自身の責任においてご判断ください。

(掲載開始日:2020年5月1日)

推奨方針
当社は楽天保険グループの一員として、当サイトで新規にご契約されるお客さまに対して、楽天保険グループ各社(損害保険は楽天損害保険株式会社、生命保険は楽天生命保険株式会社、ペット保険は楽天少額短期保険株式会社)の商品をご提案しております。
上記以外の保険会社の商品をご希望の場合、こちらをご確認ください。

引受保険会社:楽天少額短期保険株式会社
R222001445