保険代理店の楽天インシュアランスプランニング(株)が運営するサイトです。こちらのサイトでは楽天グループの保険商品をおすすめしています。
その他の保険会社の商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

※このページでは楽天保険グループの保険商品をお薦めしています。

愛犬が吐いてしまった!犬の嘔吐の原因や対処法、受診の目安を獣医師が解説

愛犬が吐いてしまった!犬の嘔吐の原因や対処法、受診の目安を獣医師が解説

いつもと同じ餌を食べていたはずなのに、愛犬が急に吐いてしまったという経験をお持ちの方も多いでしょう。実は、犬の胃や食道などの消化器官は横並びになっているため、人間よりも吐きやすいと考えられています。しかし、繰り返す嘔吐は病気のサインであることも。嘔吐の原因や対処法、動物病院を受診する目安などを知り、いざという時に慌てないように備えておきましょう。

愛犬が嘔吐した理由は?餌や病気など原因を知りたい!

餌を食べている時に、急に愛犬が嘔吐してしまい、慌てた経験がある飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。犬の嘔吐は、吐いた後にはケロッとしている一過性の場合もあれば、病気が原因の場合もあります。まずは、犬がどんな原因で吐くのかを解説します。

病気やストレスなどが原因の場合

注意が必要なのは、病気が原因となっている嘔吐です。嘔吐を起こしやすい病気としては、ウイルスや細菌による感染症や、胃腸炎、膵炎、腸閉塞、胃捻転、腎炎、肝炎、尿毒症、腹部の腫瘍や悪性リンパ腫、腎不全、神経系の病気などがあります。これらの病気は命に関わることも多いため、嘔吐以外の症状が出ていないか注意深く観察する必要があります。

また、ストレスによって自律神経が乱れると胃腸に症状があらわれ、嘔吐しやすくなるといわれています。ストレスが続くと胃潰瘍を起こし、吐血する場合もあります。運動不足や環境の変化、飼い主さんとのコミュニケーション不足など、ストレスの原因は様々。スキンシップをたくさんとり、ストレスを感じている様子がないかを確認しましょう。

他にも、乗り物酔いが原因で吐くことがあります。乗り物が苦手な犬の場合は、動物病院で酔い止めの薬を処方してもらう他、乗車前の食事は控えめにしましょう。

食べすぎや異物の誤飲が原因の場合

犬は生理現象の一種で吐くこともあります。たとえば、餌の食べすぎや水の飲みすぎ、早食いをした時に吐く場合は、体を守るための嘔吐です。食べすぎないように餌の量を調節したり、食事の回数を増やしたりして、早食いをしなくても大丈夫であることを教えてあげましょう。また、散歩中に雑草を食べた後に吐くこともあります。これは、草を食べることで胸焼けを解消している、繊維質を取っていることが考えられます。毎日続くようでなければ、それほど心配する必要はありません。

おもちゃなどの誤飲によって、嘔吐することもあります。誤飲した異物が胃の出口をふさいだり、腸閉塞を起こしたりすると、嘔吐と下痢を繰り返します。腸閉塞は手術などの処置をしないと死に至る危険もありますので、早急に動物病院を受診しましょう。

食べ物によるアレルギーや消化不良が原因の場合

食物のアレルギーが原因で、嘔吐することもあります。普段食べていないものを口にすると胃がびっくりしてしまい、嘔吐につながる可能性があるので注意が必要です。餌の粒の大きさや形状が体格や体質に合っておらず、消化不良で吐いてしまうこともあります。

また、特定の食べ物を摂取しすぎると、消化不良や中毒症状の原因になります。たとえば、ニンジンやバナナ、パイナップル、メロン、煮干しなどは、チョコレートやネギに含まれているような中毒物質が含まれていないため、適量であれば犬に食べさせても良い食材と考えられています。しかし、まれにアレルギー症状を起こし、嘔吐する場合があります。また、これらの食材は繊維が豊富なため、消化不良で吐いてしまうことも。噛まずに大量に食べたり、丸呑みしたりする場合も嘔吐を起こします。小さく切る、加熱して柔らかくするなど、食べやすいようにしてから与えましょう。

生肉は、サルモネラ菌や大腸菌など食中毒を起こす菌や、トキソプラズマなどの寄生虫を含んでいることが多いため、生で与えると嘔吐や下痢の原因になります。また、散歩中に傷んだ食べ物を拾い食いして食中毒を起こし、嘔吐することもあります。

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師 竹尾先生のアドバイス!獣医師 竹尾先生のアドバイス!

ワンちゃんは主に肉を食べる食肉目動物ですが、雑食もする生き物と定義されています。肉を消化する消化機能と草を消化する消化機能は違いがあり、ワンちゃんは肉をメインで消化する機能の消化管を持っています。中毒を起こす食物以外の食物で消化不良を起こすのは、その食物に対しての消化機能がもともと備わっていない、もしくは、食物アレルギーがあり、アレルギー症状として嘔吐する場合などが考えられます。

基本的に、生肉は与えるべきではありません。寄生虫のリスクが高く、最悪の場合、大切なワンちゃんの命に関わる可能性もあります。ボイルなどをして下処理すると良いでしょう。

ワクチン接種、避妊手術、抗生剤などの副作用が原因の場合

ワクチンや予防接種を受けた後や、治療のために薬を飲んだ後に吐いた場合は、副作用が考えられます。また、避妊手術後に感染予防のために抗生剤を飲ませますが、この場合も、副作用で嘔吐や下痢をすることがあります。

ヒート(生理)による体調不良が原因。見分けのつきにくい子宮蓄膿症に注意!

ヒート(生理)中は、犬によっては元気がなかったり、食欲不振、嘔吐の症状を見せたりします。また、子宮蓄膿症を発症し、嘔吐することがあります。これは細菌感染によるもので、外陰部から茶色っぽい膿のようなおりものが出ますが、生理と見分けがつきにくいことが多いです。重症化すると命に関わる病気ですので、嘔吐の他に多飲多尿、食欲低下などの症状が見られたら、早めに獣医師の診察を受けましょう。

犬が吐いてしまう原因 犬が吐いてしまう原因

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師 竹尾先生のアドバイス!獣医師 竹尾先生のアドバイス!

ワンちゃんは、急な環境の変化(家族が増えた、長期休暇で親戚が遊びにきて賑やかになった、近くで大きな音が出る工事をしている)などにストレスを感じることが多いようです。といっても、ワンちゃんと話すことはできないため、原因を具体的に特定できることは少ないでしょう。
ワンちゃんの体調不良の原因に心当たりがあれば、それに対して対処をしてあげてください。例えば、大勢の人が苦手であれば隔離して、静かな場所を用意してあげる。工事の音が原因であれば、音に対する対処などを考えてあげるなどです。しかし、対応しきれない原因も多いでしょう。もし、ストレスでの体調不良を強く疑い、その原因をなくしてあげられない場合は、セロトニン阻害薬などのお薬に頼ってあげても良いかもしれません。吐き症状とお薬の兼ね合いはその子の体調にもよります。お近くの獣医師に相談してください。

リンク先は楽天ペット保険のページになります

嘔吐物の色と症状を解説!吐いた後の観察のポイントは?

愛犬が吐いた時は、餌を消化しきれていないのか、異物が混入していないかなど、まずは吐いたものをよく観察しましょう。さらに、犬がどんな症状を見せているのか観察することが大切です。

吐いたものの色、臭いをチェック!

■透明で白い泡がある、または黄色や緑色
早朝に液体を吐くことがありますが、嘔吐物が透明な場合や泡が混ざっていて無臭の時は、胃液や唾液が逆流している状態です。黄色や緑色の場合は、胆汁が混じった胃液が逆流しています。これは、逆流性胃炎(胆汁嘔吐症候群)と呼ばれるもので、ストレスや極端な空腹が原因と考えられます。吐いた後、元気で食欲に問題がないようであれば、様子を見ても構いません。

対策としては、1回の食事量を減らし、1日の食事回数を増やしましょう。餌を1日2回与えているのなら、寝る前に1回増やして3回にし、空腹時間を短くすると良いでしょう。それでも空腹時に苦しそうに吐き続けるようなら、獣医師の診察を受けてください。

■血が混ざっている、吐いたものがピンク色や茶色
口腔や食道、胃にできた腫瘍などから出血している可能性があります。出血して間もなければ赤い鮮血、時間が経っていると茶色になります。濃い赤色や黒茶色の場合は、粘膜から出血している可能性があります。ピンク色が混じっている場合は、赤や茶色に比べると出血量が少なく、食道などの炎症が考えられます。ただし、茶色の場合、ドックフードの色が混じっている場合もあります。出血が見られた時は、胃潰瘍や腫瘍の恐れもありますので、なるべく早く受診しましょう。

■嘔吐物の臭いが気になる
吐いたものから便の臭いがする時は、主に食糞が原因です。排泄物はすぐに片付けるなどの対策をしましょう。食糞をしていないのに便の臭いがする場合は、腸が詰まっているなどの病気が疑われますので、早急に動物病院を受診してください。

愛犬の様子もしっかりチェック

■嘔吐を何度も繰り返す
1日の間に何度も吐いてしまう時は、異物の誤飲や感染症、胃腸炎を起こしているなどの原因が考えられます。脱水症状を起こす心配もありますので、動物病院に連れて行きましょう。

■元気がなく、ぐったりしている
吐いた後に元気がなく、ぐったりしている場合は、なるべく早く動物病院を受診することをお勧めします。お腹を痛がっている様子がみられるときは、膵臓に炎症を起こすことで嘔吐や下痢などの症状を見せる膵炎の可能性もあります。犬の膵炎は急性のケースが多く、重度の炎症によって膵臓の周囲までダメージを受けると多臓器不全やショックを起こし、死に至ることも少なくありません。早急な治療が必要ですので、一刻も早く獣医師の治療を受けてください。

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師 竹尾先生のアドバイス!獣医師 竹尾先生のアドバイス!

嘔吐の原因は、命の危険が伴うような危険な病気のシグナルメントのことも。異物による閉塞、胃捻転などの緊急手術が必要な可能性のある疾患や、急性膵炎や消化管の癌が原因のケースもあります。また、まれですが寄生虫症や感染症など投薬が必要なケースもあります。

嘔吐だけでなく、ぐったりしていないか・食欲は落ちてないか・下痢をしていないかなど愛犬の観察もしてあげてください。動物病院にかかる際は、何を嘔吐したのか・何回嘔吐したのか・その他の体調はどうなのかをお伝えしていただけるとよろしいかと思います。

■嘔吐だけでなく、震えている
吐きたそうなのになかなか吐けず、震えている場合は、胃捻転の可能性があります。胃捻転は、大型犬をはじめ胸の深い犬種(グレート・デーン、ジャーマン・シェパードなど)がかかりやすい病気であり、早食いや餌の大量摂取、食後すぐの激しい運動などが原因になりやすいと考えられています。口の中に白い泡や透明の粘液が見られることも特徴の1つで、水だけを吐くこともあります。胃捻転は、胃が捻れることで胃の内容物が滞留して発酵し、胃にガスが充満。血流悪化や炎症、周辺臓器の圧迫などを引き起こします。胃の捻転を整復するための手術が必要なことが多く、早急に処置をしないと命に関わる病気です。すぐに獣医師の診察を受けてください。

■食後すぐに嘔吐した
吐いたもののほとんどが未消化だった場合は、嘔吐ではなく「吐出(としゅつ)」と呼ばれるものです。食べ物が胃に入る前に吐いている状態で、食後すぐに見られることが多い症状です。食事のたびに吐出する場合は、食道の病気や異物が原因と考えられます。咳やくしゃみを伴っている場合は、誤飲が疑われます。「食べたら吐く」「水を飲むだけで吐く」「元気がない」といった症状が見られた時は動物病院を受診しましょう。

■下痢や血便など便にも異常がある
いつもよりも水分量が多い軟便の場合は、食べすぎ、食べ慣れないものを食べた、一時的なストレスなどによって腸に負担がかかっていることが考えられます。水分を用意して、餌は無理に与えず、腸を休めるようにしましょう。下痢を伴った嘔吐を何度も繰り返す時は、胃腸炎や大腸炎、膵炎などの内臓系の病気やウイルス性疾患、寄生虫が疑われます。ウイルス性の場合で嘔吐に下痢を併発することが多いのは、犬パルボウイルス感染症や犬のコロナウイルス性腸炎、犬レプトスピラ病などです。他にも、犬ジステンパー、犬伝染性肝炎などの感染症も発熱や下痢を伴います。

とくに、ワクチン未接種の犬は、犬パルボウイルス感染症に注意が必要です。嘔吐に加え、血便などの症状も起こり、最悪のケースでは1〜2日で死に至ることも。すぐに受診し、獣医師による適切な処置を受けてください。

犬のこんな嘔吐は危険! 犬のこんな嘔吐は危険!

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師 竹尾先生のアドバイス!獣医師 竹尾先生のアドバイス!

何を嘔吐したのかなどは重要な情報となります。フードなのか、液体だけなのか、胆汁を吐いたのか、鮮血が混じっているのかなどで考えられる病気も変わってきます。また、嘔吐するタイミングも重要なときがあります。例えば、朝方の空腹時に吐いてしまう場合は空腹時嘔吐という、健康な犬がお腹の空きすぎで胆汁を吐いてしまう症状が考えられたりします。また、頻回吐いてしまった場合は食道粘膜が傷つき、鮮血が吐しゃ物に混じるケースもあります。嘔吐という症状でも、細かい違いで考えられる病気も異なりますので、違和感があればすぐに獣医師までご相談してください。

また、犬パルボウイルス感染症は、普段元気に暮らしている成犬が突然感染してしまうことは今の時代、かなりまれなケースとなるでしょう。ペットショップから来たばかりの子犬が嘔吐・下痢をしてぐったりしている時などは要注意かもしれませんが、ワンちゃんをきちんと管理できないブリーダーやペットショップが減って来た今、パルボウイルスの感染症による嘔吐・下痢は少ないと考えられます。

リンク先は楽天ペット保険のページになります

動物病院を受診する目安を知りたい!

愛犬が嘔吐した時に、動物病院に連れて行くべきかどうか悩むことも多いもの。ここでは受診の目安をご紹介します。

繰り返す嘔吐や下痢、吐血は、嘔吐物を持って受診

繰り返し嘔吐する場合や下痢を伴う時、嘔吐物に血が混じっている、吐いた後にぐったりしているといった場合は、すぐに動物病院を受診してください。水を飲むだけで吐くようであれば、胃捻転を起こしていたり、消化管が閉塞していたりする可能性もあります。死に至る危険がありますので、一刻も早く動物病院へ連れて行きましょう。

受診の際には、吐いた物やその写真を持参して獣医師に見てもらうと、診察がスムーズにいきます。食事した時間や吐いた時間、嘔吐の回数、嘔吐物の臭いなどをメモしていけば、疾患部位の予想にも役立ちます。

吐いた後にぐったりしている時や、嘔吐物に血が混じっている場合は命に関わる病気の可能性も。早急に受診しましょう。

吐いた後にぐったりしている時や、嘔吐物に血が混じっている場合は命に関わる病気の可能性も。早急に受診しましょう。

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師 竹尾先生のアドバイス!獣医師 竹尾先生のアドバイス!

病院への受診は、嘔吐があった時点で検討していただいてよろしいかと思います。
特に、子犬などは嘔吐により低血糖を引き起こし、最悪な場合は命の危険が伴うことも…
嘔吐は珍しいことではありませんが、ワンちゃんの様子が心配であれば早めのご受診をお願いします。また、受診される際は吐しゃ物の写真や現物をラップやビニールに包みお持ちいただくといいでしょう。

愛犬が吐いた後の食事は?嘔吐物の掃除はどうする?

愛犬が吐いた後、ペットフードなどいつもどおりに食事や水を与えて良いのか、迷うこともあるでしょう。嘔吐物の掃除方法とあわせて紹介します。

絶食・絶水が基本。脱水症状に要注意!

嘔吐直後は、胃が食べ物や水分を受け付けない状態のこともありますので、絶食・絶水が基本です。脱水症状に気をつけながら、半日〜1日ほど水や食事は与えずに様子を見ましょう。喉の渇きを訴える場合は、氷を数個与えても良いでしょう。

嘔吐がおさまったら、最初は少量の水から与えます。吐かないようであれば、水の量を増やしていきます。水分を取っても問題がなければ食事を与えます。最初は消化しやすい餌を少量ずつ与えて様子を見てください。ドライフードに水分を加え、柔らかくするのも良いでしょう。2~3日の間は、食事量を少なくして3〜4回に分け、食べられるようなら徐々に通常の食事に戻していきます。絶食・絶水しても嘔吐がおさまらない場合や、餌を食べない状態が続く場合は、獣医師による診療が必要です。

下痢を併発している場合は、脱水症状の心配がありますので、水分補給が必須です。しかし、嘔吐の原因にもなるため、点滴などの処置が必要なケースもあります。なるべく早く動物病院を受診してください。また、嘔吐物に血が混じっている、体を震わせてぐったりしているなど、病気の疑いがある場合は、食事や水分が病状を悪化させることもあります。飲食は控え、獣医師の診察を受けましょう。

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師 竹尾先生のアドバイス!獣医師 竹尾先生のアドバイス!

健康な成犬の場合、胃腸炎で体調を崩したくらいであれば治療の一環として半日程度の絶食を行うと効果的なケースがあります。しかし、子犬や老犬、その他代謝性疾患がある犬であれば、基本は絶食を避けたほうがいいでしょう。獣医師の指導のもと行うようにしてください。

嘔吐物の掃除はペット用消臭剤や重曹を活用

嘔吐物の掃除方法は、最初に下敷きのようなもので嘔吐物をすくい上げるようにすると、ほとんどの固形物や液体を取ることができます。床材がフローリングやタイルなど染み込みにくい素材であれば、ペットシーツなどをかぶせてつかみ取っても良いでしょう。嘔吐物を取り除いたら、水で濡らした雑巾を固く絞って、液体を拭き取ります。次に、中性洗剤、または弱アルカリ性洗剤を雑巾につけて再び拭きます。最後に、洗剤の成分が残らないようにしっかり拭き取ります。

臭いが気になる場合は、消臭剤や掃除用スプレーなどを吹きつけておきましょう。ワンちゃんが舐めても大丈夫なように、ペット専用のものを使うと安心です。カーペットや絨毯など、臭いが取れにくい素材の場合は、重曹を使います。水500mlに重曹小さじ1の割合で混ぜて重曹水をつくり、スプレータイプのボトルに入れて使用します。掃除をした後、嘔吐した場所に重曹水をたっぷりスプレーしてください。キッチンペーパーなどで水分を拭き取りながらスプレーを繰り返します。臭いがしなくなったら、そのまま乾かせばOKです。

重曹水で臭いが取れない時は、重曹を粉のままふりかけてみましょう。嘔吐した場所にまんべんなく粉をふりかけ、上にタオルなどをかぶせておきます。半日から1日ほど放置すると、重曹が臭いを吸収してくれます。その後、掃除機で重曹を吸い取って、しっかり乾かしましょう。日光に当てて干すのも効果的です。

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師 竹尾先生のアドバイス!獣医師 竹尾先生のアドバイス!

パルボウイルスなどの疑いがある場合、素手での掃除にはリスクがあります。念の為、吐しゃ物の清掃の際は、手袋などを着用してください。

リンク先は楽天ペット保険のページになります

<ミニコラム>高齢犬が嘔吐する原因と対策は?

高齢犬は噛む力や飲み込む力、消化する力などが弱り、食後に嘔吐することがあります。餌を飲み込みやすい形や柔らかさにするなど、食べやすくなるように工夫しましょう。これまで問題なかった餌でも、老衰によって吐くようになることもあります。獣医師から指導を受け、食事内容を見直してみることも大切です。

寝たきりの高齢犬は、飲み込むことができずに吐くこともあります。食事中や食後しばらくは、頭を高い位置に保つようにしましょう。また、飲み込んだものを胃に流せるように、食事中に適宜、水分を与えるようにしてください。寝たきりの犬を食後すぐに寝返りさせると、胃捻転を起こす危険があります。胃腸もお腹の筋肉も弱っていますので、寝返りさせないように注意しましょう。

高齢犬は病気に対する免疫力も落ちています。吐いた後に元気がないなどいつもと違う様子があったら、すぐに動物病院を受診してください。

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師 竹尾先生のアドバイス!獣医師 竹尾先生のアドバイス!

高齢のワンちゃんだからといって、必ずしも高齢犬用のフードがいいとは限りません。病気と診断を受けているのであれば、その病気に配慮したフードをあげてください。また、ワンちゃんの健康状態を考え、たとえば寝たきりなら給餌の仕方や与えるフードの形状などを工夫してあげるといいでしょう。高齢のワンちゃんだからこそ、こまめに獣医師の診察を受けていただき、食事の内容などの生活習慣にもアドバイスをもらうことをお勧めします。

まとめ:ワンちゃんの嘔吐について

犬の嘔吐は、経過観察をしていても良いケースから、一刻も早く処置しないと命に関わる深刻なものまで、さまざまな原因があります。吐いたものの色や吐いた後の症状から、緊急性があるかどうかを、ある程度判断することも可能です。動物病院を受診する際にも、吐いた時の様子を正確に獣医師に伝えることが、素早い処置につながります。大切なことは、愛犬の様子を落ち着いて観察し、慌てずに対処すること。そして、心配なことがあれば自己判断せずに、かかりつけの動物病院を受診するようにしましょう。

監修者情報

監修者プロフィール

獣医師 竹尾 記子(たけお ふさこ)

獣医師竹尾 記子(たけお ふさこ)

所属病院
hiffcafe動物病院 多摩川https://hiff-cafe.com/
所属会社
小滝橋動物病院グループhttps://mejirodori-amc.com/

農工大皮膚科研修にて皮膚科を学び、都内・福岡の病院で獣医皮膚科診療を中心に動物の診療を行う。現在は、麻布大学の生理学第2研究室にて研究生として皮膚科外用薬の研究も、動物病院の診療業務の傍ら行なっている。動物と皮膚が好きな獣医師です。

このページを見た人におすすめの保険商品

リンク先は楽天ペット保険のページになります

ペット保険に関するコンテンツ

このページを見た人によく見られているカテゴリ

R222001445

  • ご契約の際は、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり-約款」を必ずご覧ください。
  • 税制上・社会保険制度の取扱いは、このページの掲載開始日時点の税制・社会保険制度に基づくもので、すべての情報を網羅するものではありません。将来的に税制の変更により計算方法・税率などが、また、社会保険制度が変わる場合もありますのでご注意ください。なお、個別の税務取扱いについては所轄の税務署または税理士などに、社会保険制度の個別の取扱いについては年金事務所または社会保険労務士などにご確認のうえ、ご自身の責任においてご判断ください。

(掲載開始日:2020年5月1日)

推奨方針
当社は楽天保険グループの一員として、当サイトで新規にご契約されるお客さまに対して、楽天保険グループ各社(損害保険は楽天損害保険株式会社、生命保険は楽天生命保険株式会社、ペット保険は楽天少額短期保険株式会社)の商品をご提案しております。
上記以外の保険会社の商品をご希望の場合、こちらをご確認ください。

引受保険会社:楽天少額短期保険株式会社
R222004535