保険代理店の楽天インシュアランスプランニング(株)が運営するサイトです。こちらのサイトでは楽天グループの保険商品をおすすめしています。
その他の保険会社の商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

※このページでは楽天保険グループの保険商品をお薦めしています。

一人暮らしでも猫が飼いたい!賃貸でも猫は飼えるの?注意点は?

一人暮らしでも猫が飼いたい!賃貸でも猫は飼えるの?注意点は?

一人暮らしは自分のペースで生活ができる自由がありますが、時々寂しさを感じる方もいるのではないでしょうか。そんな寂しさを癒してくれるのが、かわいいペットの存在。なかでも、猫は人気がありますよね。でもいざ猫を飼うとなると、わからないこともたくさん。猫を飼ってから後悔しないためにも、注意点、準備しておくべきことをしっかり把握しておきましょう。

一人暮らしだけど猫を飼いたい!賃貸住宅でも猫を飼えるの?

持ち家であれば自由に猫を飼うことができますが、賃貸物件だとペットが飼えるかどうか心配ですよね。賃貸住宅で猫を飼うには、どのようなことに注意し、準備していけばよいのかをチェックしていきましょう。

ペット可の物件かどうかをチェック

まず、現在住んでいる物件がペット飼育可能かどうかをチェックしましょう。不動産、管理会社、大家さんに確認すれば教えてもらえます。また、「ペット可」であっても飼える動物が限定されている場合もあるので、必ず「猫を飼いたい」ことを伝えましょう。

もし「ペット不可」「猫は飼えない」物件であれば、ペット(猫)を飼ってもよい物件に引っ越しをしなければなりません。
物件探しをする際は、必ず「猫を飼いたいが可能かどうか」と確認しましょう。ネットで、「ペット可」「ペット相談可」で検索してみるのもおすすめです。

内緒でペットは飼えない?

猫は基本的に室内で飼うので、「内緒で飼っていればバレないのでは?」と思う方がいるかもしれません。けれども猫は爪とぎをして床や壁に傷をつけますし、動物特有の匂いも残るので、退去時に、猫を飼っていたことは簡単にわかってしまいます。

また、匂いや鳴き声は近隣住民の方々へのご迷惑になることもあります。さらに、動物アレルギーがある方は、ペット不可の物件を選んで入居しているケースも少なくありません。そのような物件内で猫を飼うことは、アレルギーなどの不安を抱えている方の健康を脅かす行為になってしまいます。

ペット可の物件ではないのに猫を飼うことは、契約違反となります。内緒で猫を飼うという行為は絶対にやめましょう。

ペット可物件の特徴とは

ペットを飼ってもよい物件は大きくわけて、「ペット共生型物件と」と「ペット可物件」の2種類があります。最近は、室内のペットスペース、ペット専用の洗い場(共有スペース)などが完備され、ペットを飼うための設備が整っている「ペット共生型」の分譲新築マンションも増えていますが、賃貸の場合は「ペット可」あるいは「ペット相談可」の物件が一般的です。

「ペット可」「ペット相談可」の物件は、「ペット禁止」の物件に比べ、家賃が高めに設定されていたり、敷金を通常より1ヵ月分ほど多く支払ったりする物件が多いようです。また、駅から遠い、築年数が古い物件が多い傾向もあります。そのためどうしても物件選びの幅が狭まってしまうことを認識し、妥協点を見い出しながら物件選びをすすめていく必要があるでしょう。

「ペット可」「ペット相談可」の物件には、当然ながらペットを飼っていない方、あるいはペットが苦手な方も住んでいます。ペットを飼う際は、トイレの掃除はまめに行い、ニオイ対策を万全にする、鳴き声がもれないように窓を開けっ放しにしないなど、住民の方々へ気配りや配慮も必要不可欠です。

引っ越すときの原状回復義務はどうなる?

賃貸物件に入居する際は、ほとんどの場合、火災保険(家財保険、借家人賠償責任保険、個人賠償責任保険)に加入します。しかしこうした保険に加入していても、ペットが床や壁などに傷をつけてしまった場合は、自責(入居している飼い主の責任)となるため、保険ではカバーされません。

また、引っ越す際(退去する際)は、入居時の状態に部屋を戻す必要(原状回復義務)があります。ペットによって、壁や床に傷がついたり、匂いが染みついてしまったりした場合は、借主(入居者)の負担とされるので、原状回復のために契約時に預けていた敷金が充てられたり、必要な費用を大家さん(または管理している不動産会社)に支払ったりする必要があります。

爪とぎで壁がボロボロになってしまうことも…

爪とぎで壁がボロボロになってしまうことも…

リンク先は楽天ペット保険のページになります

一人暮らしで猫を飼うときの注意点は?

猫と快適な暮らしをスタートさせるためには、どんなことに注意し、準備をしておけばよいのかをまとめました。

一人暮らしで猫を飼うときのリスクとは?

一人暮らしの場合、猫のお世話はすべてひとりでやらなければなりません。一人暮らしで猫を飼うことによるリスクをまず把握し、最後まで責任を持って猫を飼えるよう、しっかりと心がまえをしておくことが大切です。

●猫アレルギーはありませんか。
猫アレルギーがあると、くしゃみ、咳、発疹、喘息などを発症する場合があります。猫を飼う前に病院(内科や皮膚科)で検査を受けておきましょう。猫アレルギーがある場合は、猫は飼わないほうがよいでしょう。

●トイレの世話はできますか。
猫は比較的トイレを早く覚えますが、しっかり覚えるまでにはきちんとしつけをしなければなりません。また、猫はキレイ好きなので、トイレの掃除もこまめに行う必要があります。

●鳴き声に注意。
猫の発情期は2月~8月。大きな声で鳴くので、いくら愛猫とはいえ昼夜問わず鳴かれると飼い主にとってのストレスになりますし、近隣住民からクレームがくることもあります。 猫ちゃんの鳴き声を受け止められるか、防音など近隣住民の方に配慮した住環境になっているかを、事前にしっかり検討・確認しておきましょう。

●旅行や出張など、長期間家を空ける場合。
数日間~長期間留守にするときは、ペットホテルやペットシッター、信頼のおける知り合いに預ける必要があります。出張や外泊が多い人は、あらかじめ預け先を確保しておきましょう。

●毎日猫と一緒に過ごす時間を確保できますか。
猫を構ってあげる時間を、毎日最低でも15分~30分は確保してあげましょう。一緒に遊ぶ時間が少ないと、猫はストレスがたまってしまいます。
また、猫は夜行性なので、夜寝ているときも飼い主にとびかかってきたりすることも少なくありません。

●猫が口にしてはいけないものを把握していますか。
タマネギ、ニラ、ネギ、ニンニク、魚介類の一部、乳製品、チョコレート類、植物の一部などは猫にとって危険な食べ物です。猫が食べてしまわないように、人が食べる食材は、冷蔵庫や戸棚にしまっておかなくてはなりません。
キッチンの三角コーナーに入っている生ごみも危険です。

●室内や私物が汚れたり、壊れたりしまうことへの覚悟はありますか。
爪とぎによって、壁や床が傷だらけになることは、猫を飼うことの大きなデメリットのひとつです。猫は壁や床だけではなく、ソファや椅子や家具なども引っかきますし、乳歯から永久歯に生え変わる時期は、家具などをかじってしまうこともよくあります。

また、猫は毛づくろいによって飲み込んだ毛が消化しきれなくなると、頻繁に毛玉を吐きます。お気に入りの服やバッグ、小物類の上に吐いてしまうこともあります。

さらに猫は高いところを好むので、棚などに上って、インテリア類や食器を落としてしまうこともあります。そのため割れたり壊れたりするものは、高いところには置いておけません。

●猫にとって安全・快適な環境を整えることができますか。
コンセントや配線コードを猫が噛んでしまうと、感電の危険があります。コード類は家具の裏にはわせるか、保護カバーでガードし、安全対策をしておきましょう。

また、猫は水に落ちると溺れてしまいます。浴室の残り湯は抜き、浴室に猫が入らないようにします。洗濯機の蓋も必ず閉めておきます。

賃貸住宅の高層階に住んでいる場合は、転落が心配です。窓やドアから逃げないよう細心の注意を払ってください。

猫は他の動物に比べ、暑さには強いのですが、飼い主が留守の際は、部屋の温度調節に気を配る必要があります。

●近くに動物病院はありますか。
人間だけでなく、猫にとっても「かかりつけ」のお医者さんは必要です。何かあったときに診てもらえる動物病院が近くにあるかどうかもチェックしておきましょう。

●上記のすべての項目に対応できますか。
上記の項目にひとつでも「できない」「自信がない」と感じたら、今一度猫を飼うことを再検討したほうがよいでしょう。一人暮らしで猫を飼うには、リスクを把握し、しっかりと心がまえをしておくことが大切です。

猫を飼うときの注意点 猫を飼うときの注意点

保護猫?里親募集?ペットショップ?猫はどこでもらってくるの?

これから一緒に暮らす猫は、どうやって探せばよいのでしょう?拾う?もらう?買う?
実はいろいろな方法があります。

保護猫をもらう

保護されている猫をもらう方法です。地方自治体の動物愛護センター、保健所、里親を募集している民間の保護団体、猫シェルター、里親募集をしている猫カフェ、動物病院などで譲り受けることができます。

「猫を飼う」というと、子猫というイメージがあるかもしれませんが、保護猫は、子猫だけでなく、成猫、高齢の猫もおり、タイプや性格もさまざまです。

獣医師 山本 宗伸(やまもと そうしん)

獣医師 山本先生のアドバイス!獣医師 山本先生のアドバイス!

初めて猫を飼う方は、健康な子猫の方が飼いやすいでしょう。子猫でも尿路結石や感染症などの病気はありますが、比較的健康な猫が多いですし、人にも馴れやすくよく遊びます。しかし、中年齢以上の保護猫は里親が見つかりにくい傾向にあることも事実です。これまで猫を飼ってきた経験のある方は、そういった猫ちゃんをお迎えする、という選択肢も良いでしょう 。猫の異常にも気がつくと思いますし、成猫から飼い始めても自分の愛猫こそが一番可愛い、ということも知っていると思います。

里親募集は条件が厳しい?

保護猫の里親になるには、各機関によって定められている条件をクリアしている必要があります。条件は、機関や団体によって異なり、たとえば住環境、飼い主の年齢、身分証明書や、預金残高証明の提出、講習会への参加などがあります。どのような条件をクリアしなければならないのか、事前に調べておくとよいでしょう。

里親を待っている猫たちは、捨てられたり虐待を受けたりなど、悲しい過去を抱えているケースも珍しくありません。保護してお世話をしている人たちは、「次は安心できる飼い主を見つけてあげたい」との想いを抱いています。里親になりたいのであれば、そうした想いにしっかりと応えられる心がまえや覚悟を持って、猫を迎えてあげることが必要です。

また、ネットの「里親募集」の掲示板などを利用する方法もありますが、この場合は個人対個人の取引になるため、個人情報や金銭のやり取り、条件などをきちんとチェックして、トラブルを防ぎましょう。

ペットショップで買う

猫を飼いたいと思ったらすぐに購入できることが、ペットショップで猫を買うメリットです。しかし一方で、仲介業者を挟むため値段は高くなります。また、ペットショップで売られている猫は、繁殖業者からの仲介販売のため、どのような環境や血筋で生まれた猫なのかがわからないケースもあります。たくさんのペットがあまり広くない空間で過ごすことになるため、ペットショップでの飼育環境を不安に感じる方もいるかもしれません 。ペットショップから猫を購入する際は、そういった懸念点も理解し、慎重に検討するとよいでしょう。

獣医師 山本 宗伸(やまもと そうしん)

獣医師 山本先生のアドバイス!獣医師 山本先生のアドバイス!

最近ではペットショップも改善をはかっており、血統書だけでなく、ブリーダーの名前、遺伝子疾患の検査などを含めた健康証明書を発行していることが多くなりました。ペットショップとしても不健康な猫を販売することは自分の首を締めることになるので、質の悪いブリーダーは排除されます。

一方で、持病があることを隠していたり、劣悪な環境で飼育されていたりするようなところもまだまだあり、見極める必要があります。また欧米ではペットショップを減らそうという方向に向かっており、その事実について知っておくことも大事だと思います。

ブリーダーから買う

ブリーダーとは、ペットを繁殖させて販売している人です。血統書つきの猫や、血筋がはっきりした猫を飼いたい場合は、ブリーダーから買う方法もあります。信頼できるブリーダーから購入することが何より大切ですが、どのようにしてブリーダーの良し悪しを判断すべきかが難しいとの声もあります。

手軽さだけを優先するのではなく、動物愛護の観点からも、保護猫や里親から猫を引き取って飼う方法を検討してみるのもおすすめです。

獣医師 山本 宗伸(やまもと そうしん)

獣医師 山本先生のアドバイス!獣医師 山本先生のアドバイス!

ブリーダーから直接購入する場合は、生まれた猫をもらうパターンと、事前に伝えておいて無事出産成長ができたらもらいにいく2つのパターンがあります。人気のブリーダーは既に予約が埋まっていることもあります。多くのブリーダーは個人で活動していますので、人によって方針や健康に対する意識が異なることは事実です。可能であれば実際にブリーディングしている現場に行くか、ブリーダーと話して決断するのが良いでしょう。

知り合いから譲ってもらう

知り合いの飼い猫に子猫が生まれたときや、猫を飼えなくなった際に、子猫や成猫を譲ってもらう方法です。飼い主から飼う際のアドバイスをもらえるなどのメリットがありますが、タイミングが合わなければ、もらうことはできません。猫を飼っている友人がいたら、猫を飼いたい旨をあらかじめ伝えておくとよいかもしれませんね。

獣医師 山本 宗伸(やまもと そうしん)

獣医師 山本先生のアドバイス!獣医師 山本先生のアドバイス!

あげる側としても気心のしている知人であれば安心感が全然違います。これまで動物を大切にしてきたけれども、条件が厳しくて里親になれない方もいるはず。すでに猫の飼育経験がある方でしたら、以前飼っていた動物がお世話になっていた動物病院に問い合わせてみるのも良いでしょう。あなたが動物を大切にすることを知っているはずなので、里親募集の猫がいないか探してくれるかもしれません。注意点としては費用面です。ワクチンや不妊手術など、既にかかった費用をどちらが負担するか明確にしておきましょう。

里親を希望する場合は、ウェブサイトなどをまめにチェックしましょう

里親を希望する場合は、ウェブサイトなどをまめにチェックしましょう

リンク先は楽天ペット保険のページになります

猫を飼うのにかかる費用は?

猫を飼うと、初期費用だけでなく、餌や交換用のトイレの砂、病院代など、毎月さまざまな費用が発生します。

猫を飼ってから毎月かかる費用

一般社団法人ペットフード協会が実施した、「令和元年 全国犬猫飼育実態調査」によると、猫の種類にもよりますが、医療費を含めた猫に関する毎月の支出は、平均で約8,000円かかるそうです。経済的に、毎月のこうした支出を続けていけるかも、猫をお迎えする際に検討しておく必要があるでしょう。
医療費が不安な方は、万が一ケガをしたり病気になったりしたときのために、ペット保険を検討するのもよいかもしれません。

獣医師 山本 宗伸(やまもと そうしん)

獣医師 山本先生のアドバイス!獣医師 山本先生のアドバイス!

毎月の費用は主に食費と猫砂代です。食費についてはこだわれば上限がありませんが、平均的な体型の猫ではあれば月2,000円前後がボリュームゾーンになります。食事に関しては尿路結石などになると療法食が再発予防になりますが、療法食は通常のフードよりも高価です。
また、猫は犬よりも健康な動物であるといわれていますが、それでもがん、骨折、歯のトラブルなどになる可能性はあります。もし手術が必要になってしまったら数十万円かかることもあります。

まとめ:一人暮らしで猫を飼うには?

猫を飼うことは、家族が増えることであり、それによって生活そのものが変化します。

大切なのは、「猫はお世話をしなくても飼いやすいと聞いた」「一人は寂しいから飼ってみたい」という安易な気持ちで飼い始めるのでなく、「最初から最後まで責任を持ってお世話をし、猫も自分も健康で幸せな毎日を送りたい」という心がまえと実行力を持つことです。生き物を飼うことは、楽しいことばかりではありません。
一方で、命ある生き物を大切に育むことは、あなたの人生を豊かにしてくれるでしょう。
一人暮らしで猫を飼うことのメリット、デメリットをしっかり把握して、慎重に「自分は猫を飼えるのか」を考えていきましょう。

リンク先は楽天ペット保険のページになります

監修者情報

監修者プロフィール

獣医師 山本 宗伸(やまもと そうしん)

獣医師山本 宗伸(やまもと そうしん)

所属病院
猫専門病院 Tokyo Cat Specialistshttp://tokyocatspecialists.jp/
所属学会
国際猫医学会ISFM
日本猫医学会JSFM

■経歴
日本大学獣医学科外科学研究室卒。東京都出身。
授乳期の仔猫を保護したことがきっかけで猫に魅了され、獣医学の道に進む。
獣医学生時代から猫医学の知識習得に力を注ぐ。
都内猫専門病院で副院長を務めた後、ニューヨークの猫専門病院 Manhattan Cat Specialistsで研修を積む。

このページを見た人におすすめの保険商品

リンク先は楽天ペット保険のページになります

ペット保険に関するコンテンツ

このページを見た人によく見られているカテゴリ

R222001445

  • ご契約の際は、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり-約款」を必ずご覧ください。
  • 税制上・社会保険制度の取扱いは、このページの掲載開始日時点の税制・社会保険制度に基づくもので、すべての情報を網羅するものではありません。将来的に税制の変更により計算方法・税率などが、また、社会保険制度が変わる場合もありますのでご注意ください。なお、個別の税務取扱いについては所轄の税務署または税理士などに、社会保険制度の個別の取扱いについては年金事務所または社会保険労務士などにご確認のうえ、ご自身の責任においてご判断ください。

(掲載開始日:2020年6月1日)

推奨方針
当社は楽天保険グループの一員として、当サイトで新規にご契約されるお客さまに対して、楽天保険グループ各社(損害保険は楽天損害保険株式会社、生命保険は楽天生命保険株式会社、ペット保険は楽天少額短期保険株式会社)の商品をご提案しております。
上記以外の保険会社の商品をご希望の場合、こちらをご確認ください。

引受保険会社:楽天少額短期保険株式会社
R222005585