※このページでは楽天保険グループの保険商品をお薦めしています。

猫の腎臓病(腎不全)とは?症状や治療法、予防方法を徹底解説!

猫の腎臓病(腎不全)とは?症状や治療法、予防方法を徹底解説!

猫がかかりやすい病気のひとつに、腎臓病(腎不全)があります。腎臓は1度機能が失われると2度と回復しないと考えられており、腎臓病は治療しても完治を期待できない病気です。しかし、適切な治療を受けることで症状を抑え、寿命を伸ばせることもあります。それだけに早期発見・早期治療が重要になってきます。そこで、猫の腎臓病の症状や治療法、予防方法などをわかりやすく解説します。愛猫が発症したときに落ち着いて対処できるように、猫の腎臓病について知っておきましょう。

猫の腎臓病(腎不全)はどんな病気?

そもそも腎臓病(腎不全)とはどんな病気なのでしょうか?猫は腎臓病になぜかかるのでしょうか?症状やかかりやすい猫種など、まずは猫の腎臓病について知っておきましょう。

猫は腎臓病(腎不全)にかかりやすい

腎臓は「血液中の老廃物や毒素を尿に排出する」「体内の水分量を調節」「造血に関わるホルモンをつくる」など、重要な役割を持っています。腎臓の機能が低下すると、血液中に老廃物などが溜まり、さまざまな臓器の働きにも支障をきたすようになります。こうした状態が、腎臓病(腎不全)です。

猫は他の動物よりも腎臓病を発症することが多く、死亡原因としても極めて高いとされています。残念ながら、その原因は明らかになっていません。一説によると、猫は日頃から水を飲む量が少なく、腎臓に負担がかかるのではないか、と考えられています。

また、猫の腎臓病には「急性腎障害」と「慢性腎臓病」があります。2つの違いを見てみましょう。

猫の急性腎障害(急性腎不全)

数時間から数日で急激に腎臓の機能が低下する病気です。「脱水や心臓病などで腎臓に流れ込む血液が減少した」「感染症や中毒で腎臓の組織がダメージを受けた」「尿管結石などで詰まりおしっこが出なくなった」などの理由によって起こります。身近なものでは、保冷剤や自動車の不凍液などに使用されるエチレングリコールやユリ科の植物などの誤食も、猫の急性腎障害を引き起こす原因になります。

主な症状としては、「おしっこがほとんど出ない、またはまったく出ない」「食欲不振」「元気がない」「下痢、嘔吐、脱水症状がある」「痙攣を起こしている」「体温が低下している」などがあります。

急性腎障害は進行が非常に早く、治療が遅れると命に関わります。しかし、適切な治療を受けることで腎機能が回復する可能性もあると考えられています。

猫の慢性腎臓病(慢性腎不全)

前述の「急性腎障害」とは異なり、「慢性腎臓病」は3ヵ月以上にわたって腎臓がダメージを受け続け、腎臓の機能が低下する病気です。慢性腎臓病の初期はあまり症状が見られず、気づいた時にはかなり進行しているというケースが多いようです。原因の特定が難しく、完治も期待できません。

猫の慢性腎臓病の主な症状は、「多飲多尿」「色の薄いおしっこをする」「便秘」「体重が減った」「元気がない」「嘔吐、下痢をしている」「口臭がある」「被毛にツヤがなくなった」などがあります。

慢性腎臓病は高齢の猫がかかりやすい

慢性腎臓病は高齢の猫がかかりやすい病気と考えられています。また、高齢になってから罹患するだけでなく、5~6歳頃に尿管結石や腎炎などによって急性腎障害にかかり、腎機能が完全に回復しないまま慢性腎不全になり、15歳前後で亡くなる、というケースも少なくありません。

ただし、若い猫でも心臓病や尿管結石などの病気にかかっている場合や、腎臓に負担のかかる薬を飲んでいる場合は慢性腎臓病の発症リスクがありますので注意しましょう。

ヒマラヤン、アビシニアンなどは腎臓病にかかりやすい

一般的に、高齢の猫であれば種に関係なく腎臓病にかかりやすいといわれています。ただし、中には慢性腎臓病になりやすい猫種もあります。これは「多発性のう胞腎」「アミロイドーシス腎症」といった腎臓の機能障害を起こす病気にかかりやすい猫です。

具体的には、ヒマラヤン、ペルシャ、アメリカン・ショートヘアなどの猫種は遺伝的に多発性のう胞腎を発症しやすいと考えられています。また、アミロイドーシス腎症にかかるケースはまれですが、アビシニアン、ソマリなどの猫種が発症しやすいとされています。

腎臓病(腎不全)になりやすい猫種の例

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師 服部先生のアドバイス!獣医師 服部先生のアドバイス!

高齢猫の約8割がなると言われる慢性腎臓病。慢性腎臓病と一口に言ってもその原因はさまざまあります。原因として一番多いのは慢性間質性腎炎で、腎臓が少しずつ萎縮していき、ゆっくり腎臓の機能が落ちることが多い病気です。上記以外にも、猫伝染性腹膜炎(FIP)やリンパ腫、腎細胞癌など急激に体調が悪くなり命に関わる病気も慢性腎臓病に含まれることがあります。血液検査だけでこれらを見極めることは不可能で、レントゲン検査、超音波検査、尿検査を組み合わせることで診断ができます。健康診断を行う際には幅広く検査をすることをお勧めします。

猫の腎臓病(腎不全)ってどんな症状が出るの?

それでは、どんな症状が出たら注意が必要なのでしょうか?急性腎障害か慢性腎臓病かによって症状は異なります。それぞれ以下の症状が見られるときは腎臓病が疑われます。

「急性腎障害」には、「突然ぐったりした」「下痢や嘔吐を繰り返す」「意識の低下」「呼吸が荒い」「排尿がない、または極端に少ない」などの症状が見られます。

一方、「慢性腎臓病」の症状には、「水をたくさん飲む」「色の薄いおしっこをたくさんする」「食欲が落ちた」「活動量が落ちた、よく寝るようになった」「脱水症状がある」「便秘」「体重減少」「毛づやが悪くなった」などが見られます。

こんな症状が出たら注意!猫の腎臓病チェックリスト こんな症状が出たら注意!猫の腎臓病チェックリスト

急性腎障害はすぐに動物病院で受診を!

急性腎障害の場合、急激な体調の悪化が見られます。症状が進むスピードも早く、一刻も早い治療が欠かせません。突然ぐったりしたり、下痢や嘔吐を繰り返したりなどの症状があるときは、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

一方、慢性腎臓病は症状があらわれにくく、症状が見られたときにはかなり進行している可能性が高いです。初期症状としては多飲多尿がありますので、水を飲む量が増え、おしっこの色も薄くなっているようなら、なるべく早く受診するようにしましょう。

猫の慢性腎臓病はステージ1~4で症状が大きく異なる

猫の慢性腎臓病は進行に応じて、4つのステージに分けられます。

■ステージ1

症状はまったく見られず、血液検査でもほとんど異常がありません。ただし、尿検査やレントゲン検査、超音波検査などで異常が見つかることがあります。検査の数値が継続して悪くなっているときは、正常値の範囲内でも慢性腎臓病が疑われます。

■ステージ2

ほとんど症状がないか、多飲多尿の症状があらわれます。通常は腎臓で濾過されておしっこに排出される「クレアチニン」や「SDMA」の数値が正常値よりもやや高くなってきます。これは腎臓の機能が低下して排出できなくなるためです。目立った症状がなくても、ステージ2で腎臓の機能はかなり低下していると考えられています。

■ステージ3

腎機能の低下が進んで老廃物などを排出できなくなり、尿毒症が起こってきます。口内炎や胃炎になりやすくなり、食欲の低下やごはんを食べても吐くなどの症状が出てきます。血が混じってピンク色の嘔吐をすることもあります。猫によっては、ふらつきなど貧血の症状や口臭などの症状も見られます。

■ステージ4

さらに腎機能の低下が進むと尿毒症が悪化し、おしっこが出なくなるなど深刻な症状になります。「食欲がなく急激に痩せる」「ほとんど動かない」「痙攣や嘔吐」「意識の低下」「アンモニア臭」などが生じてきます。積極的な治療をしなければ生命維持が困難な状態です。ステージ4の場合、慢性腎臓病と診断されてからの余命は他のステージよりもかなり短いと考えられています。

ステージ別 猫の慢性肝臓病の症状 ステージ別 猫の慢性肝臓病の症状

※1「血清クレアチニン」:クレアチニンというのは老廃物で、通常は腎臓で濾過されて尿に排出されます。血液中にクレアチニンが溜まると血清クレアチニンの数値が高くなり、腎臓機能の低下が疑われます。
※2「SDMA」:新しい検査血液項目の1つで、クレアチニン同様、数値が高くなると腎臓機能の低下が疑われます。

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師 服部先生のアドバイス!獣医師 服部先生のアドバイス!

急性腎障害と慢性腎臓病の大きな違いは、症状が「急に腎臓の機能が落ちるのか」それとも「しだいに落ちるのか」であるといわれています。ただし、これを症状だけで見極めることは難しいこともあります。慢性腎臓病のステージ1や2の場合は、元気や食欲がなくなることはほとんどなく、ぱっと見は健康に見えます。そのためステージ3や4に移行したときにあたかも「急に具合が悪くなった」ように見えることも多いです。なお、慢性腎臓病の初期は飲水量と尿量が増えることがほとんどです。自宅でチェックする習慣をつけておくとよいでしょう。

飼い猫が腎臓病(腎不全)と診断された場合の治療は?

愛猫が腎臓病と診断されたら、どんな治療を受けるのでしょうか? 腎臓病の治療法は急性腎障害と慢性腎臓病で異なります。また、慢性腎臓病はステージによっても変わってきます。それぞれの治療法を見てみましょう。

「急性腎障害」の場合

急性腎障害になった場合、入院治療が一般的です。まずは、血液検査やレントゲン検査、超音波検査、尿検査などを行って原因を調べます。並行して、「点滴で脱水症状を改善」「抗生物質で細菌感染を抑制」「尿管が詰まっている場合はその治療」など、原因に応じて治療を行います。急性腎障害は治療によって腎機能が回復する場合があります。一方で、回復せずに慢性腎臓病に移行したり、死亡してしまったりすることも少なくありません。

「慢性腎臓病」の場合

慢性腎臓病になった場合、1度壊れてしまった腎機能が治療で回復することは期待できず、病気の進行をゆるやかにし、生活の質を上げることが治療の目的になります。たとえば、「腎臓の負担になる物質を減らす」「新鮮な水を常に飲めるようにする」「原因となる病気や併発している病気の治療」「腎臓病療法食」などが一般的な治療法です。

ステージ1

タンパク尿や高血圧などがなければ、定期的に血液検査などを行い、経過観察をします。脱水しないように必要に応じて点滴をすることもあります。

ステージ2

症状に応じて、腎臓病用の食事療法を開始したり、高血圧の治療、腎臓の負担になるリンの摂取の制限、カリウムが不足する「低カリウム血症」の治療などを行ったりします。

ステージ3

ステージ2の治療に加えて、脱水を防ぐための点滴や貧血の治療など症状に合った治療をします。食欲がない、嘔吐する、体重減少などの症状がある場合は、吐き気止めや食欲刺激剤などを投薬します。

ステージ4

基本的には、ステージ3の治療を続けます。食事や水分補給ができなくなった場合は、カロリーの摂取不足や脱水などの対策を行います。

「慢性腎臓病」の場合、継続的な治療も必要

慢性腎臓病は食事療法など、継続して行う治療があります。自宅でできるものもありますので、どんな治療法があるのか知っておきましょう。

食事療法

タンパク質やリン、ナトリウムを制限した腎臓病用の食事に切り替えます。早い段階で療法食にすることで病気の進行を抑える効果があると考えられています。ただし、猫が健康なうちから腎臓病療法食を与えてはいけません。また、必要な栄養は病状などによって異なりますので、手作りの食事を与えるときは獣医師さんに確認することが大切です。ささみや鰹節、煮干しなどにはリンが多く含まれていますので、腎臓病の場合はおやつやスープにして与えるのは避けたほうが良いでしょう。

十分な飲水量の確保

腎臓病は脱水が起こっていますので、十分な水の量の摂取が重要です。水飲み場を増やしたり、容器の形や水の温度を変えたりなど、猫の好みの水を用意して、新鮮な水をいつでも飲めるようにしましょう。ごはんを水分量の多いウェットフードにするのも有効です。

飲み薬、サプリメント

高血圧、タンパク尿、貧血、リンの高値など症状に応じて薬やサプリメントを使用します。腎機能の低下を抑制する薬や老廃物の分解を促すサプリメントなどもあります。いくつか例を紹介しましょう。

・吸着剤
リンを吸着することで腎臓の負担を減らす薬です。サプリメントとして市販されているものもあります。

・降圧剤
高血圧の場合に使用します。血圧を下げることで慢性腎臓病の悪化を防ぎます。

・経口カリウム剤
カリウムが不足すると筋力の低下、ふるえなどが起こるため、低カリウムの際に服用します。食事に混ぜるタイプのものもあります。

・鉄剤、造血ホルモン剤
貧血の治療のために鉄剤の服用や、造血ホルモン剤の注射をすることもあります。

・その他
他にも、腎臓の線維化(硬くなる症状)を抑える薬や、タンパク尿を抑制する薬などを使用することもあります。

点滴治療

食事や飲み水だけでは脱水が進行してしまう場合は、点滴治療によって水分や電解質を補います。点滴は皮下点滴と静脈点滴があり、静脈点滴は入院治療になります。皮下点滴は通院治療ですが、動物病院で指導してもらい飼い主さんが自宅で行うことも可能です。猫の症状や動物病院によって自宅での点滴を勧めないこともありますので、希望する場合は獣医師さんに相談しましょう。

その他の治療

急性腎障害の際には透析治療を行うこともあります。ただし、動物用の透析設備が整った動物病院は限られています。また、慢性腎臓病では、幹細胞を使用して腎機能の低下を緩和させる再生医療を行っている動物病院もあります。慢性腎臓病は完治しない病気ですので、高齢の猫の場合、積極的な治療は行わないという選択肢もあります。

慢性腎臓病の具体的な治療法 慢性腎臓病の具体的な治療法

【ミニコラム】飼い猫の腎臓病が末期症状。どこまで治療を続けるか?

慢性腎臓病の場合、治療が長期化しやすく、定期的な通院が必要になります。このため、愛猫や飼い主さんの負担が大きくなりがちです。慢性腎臓病の治療は症状を和らげたり、病気の進行を遅らせたりすることが期待できます。その一方で、病気の完治はほぼ期待できません。とくに末期症状では「なるべく苦しませたくない」などいろいろな思いから、治療を続けるかどうか悩む飼い主さんも多いことでしょう。

治療をどこまで続けるか、という問いの答えに正解はありません。猫の性格や病状、飼い主さんの事情などによって最善策は変わってきます。どこでどんな風に看取りたいのかなど最期のときのことを考え、獣医師さんに相談することも大切です。

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師 服部先生のアドバイス!獣医師 服部先生のアドバイス!

慢性腎臓病の治療は何をすれば正解、というものはありません。投薬治療が大変な猫ちゃんもいれば、病院への通院が大きなストレスになってしまう猫ちゃんもいます。また自宅での皮下点滴が難しいご家族もいらっしゃいます。その猫ちゃんや家族に合わせて治療を選択する必要があります。それは慢性腎臓病末期の治療も同じです。最後は何をしたらよいの?どこまで治療するのがよいの?という疑問も湧くと思います。それは、それぞれの家族によって何が正解なのかは違います。後悔がないようにかかりつけの先生とよく相談して、猫にとっても、家族にとっても無理のない範囲で行うことが良いと思います。

猫の腎臓病(腎不全)は予防できる?

早期発見・早期治療が病気の進行を左右する猫の腎臓病ですが、愛猫を長生きさせるには予防に取り組むことも大切です。また、2017年に新しいタイプの猫の慢性腎臓病治療薬が発売されるなど、治療薬の研究も進んでいるようです。猫の腎臓病の予防方法や新たな動きを紹介します。

定期的な健康診断で腎臓病を早期発見・早期治療

腎臓病は明らかな症状が出たときにはかなり進行していることが多い病気です。元気な様子でも年に1回、高齢の猫なら年2回、健康診断を受けるようにしましょう。健康診断では血液検査や尿検査を受けると腎臓病の早期発見につながります。

また、尿路結石や歯周病など腎臓病の原因になりやすい病気をなるべく早く見つけて治療しておくことも、腎臓病の予防になります。

腎臓病の予防は猫が若いうちから始める

長期間にわたる腎臓への負担も腎臓病の一因になります。このため、愛猫が若いうちから予防に取り組んでおくことをおすすめします。以下の点に注意して、腎臓病のリスクを減らしてあげましょう。

■日頃から新鮮な水を十分に飲ませる
■歯磨きをして歯周病を予防する
■栄養バランスの良い食事を与える
■ユリ系の植物など腎臓にダメージを与えるものに近づけない
■ストレスのない環境を整える

【ミニコラム】猫の腎臓病予防のフードが発売!新薬の誕生も間近?

多くの飼い主さんが待ち望んでいる、猫の腎臓病の特効薬。実は、猫の腎臓病の治療薬として新薬の開発が進んでいます。血液中にある「AIM」と呼ばれるタンパク質が猫の腎臓病の治療や慢性化の予防の鍵を握ることがわかってきたため、AIMを利用した「猫用AIM薬」の実現に向けた研究開発がおこなわれています。

すでに、AIM活性化成分を配合したドライフードが2022年3月にペットフードメーカーより発売されました。子猫から常時摂取すれば、腎臓病の予防が可能と期待されています。猫の腎臓病を治す新薬の登場も、遠い未来ではないかもしれません。

腎臓病(腎不全)の治療費は?

入院治療が必要になったり、治療が長期化したりなど、「猫の腎臓病は治療費が高額になりやすい傾向あるのでは?」と心配される飼い主さんもいるかもしれません。具体的にいくらくらいかかるのでしょうか?また、保険で治療費を補いたいとき、腎臓病でも入れる保険はあるのでしょうか?もしものときに「払えない」ということがないように、治療費と保険について知っておきましょう。

腎臓病(腎不全)の治療費は高額になることも

人間と違って猫の治療には公的な健康保険などはないため、治療費を全額飼い主さんの負担となります。たとえば、猫の腎臓病の治療では、血液検査や尿検査、レントゲン検査、超音波検査など必要に応じてさまざまな検査費用がかかります。さらに、投薬や点滴による治療などもあります。

急性腎障害の場合、入院治療となることが多く、治療費が5万円〜15万円ほどかかることも珍しくありません。尿管結石で入院治療すると50万円になることも。治療内容にもよりますが、高額になることが考えられます。

また、慢性腎臓病は治る病気ではないため、数ヵ月から数年、生涯にわたっての治療になります。治療内容によって大きく変わりますが、入院費用や手術費用などの他に、毎月、数千円〜1、2万円ほどの費用がかかることも知っておきましょう。

治療費の備えになるペット保険

高額の治療費がかかる猫の腎臓病ですが、ペット保険に加入していて補償を受けられれば、治療費の負担を軽減することができます。もしものときに備えて、病気になる前にペット保険への加入を検討するのも良いでしょう。

ただし、ペット保険は将来かかるかもしれない病気やケガに備えて入るものです。このため、持病や既往歴がある場合、加入できなかったり、特定の傷病が補償対象外となったりする可能性もあります。不安な方は、加入を検討している保険会社に確認してみましょう。

まとめ

多くの猫がかかりやすい腎臓病。予防は難しい面もありますが、なるべく早く気づいて、適切な治療を受けさせてあげたいものです。日頃から愛猫の食事や水を飲む量を観察し、定期的な体重測定を行うなど、体調の変化に気付きやすい環境を整えておくことも重要です。
長期間の治療や入院など治療費の面でも負担が大きくなりがちな病気ですので、かかりつけの動物病院を作っておく、ペット保険への加入を検討するなど、愛猫が健康なうちに、腎臓病への備えをおこなっておくと安心でしょう。

監修者情報

監修者プロフィール

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師服部 幸(はっとり ゆき)

所属病院
東京猫医療センターhttps://tokyofmc.jp
所属学会
JSFM(ねこ医学会)
ISFM international society of feline medicine

■経歴
北里大学獣医学部卒業後、2年半の動物病院勤務
2005年~猫専門病院の分院長を務める
2006年 アメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。
2012年 東京猫医療センターを開院
2014年 JSFM(ねこ医学会)理事に就任
15年以上、猫の専門医療に携わる。

このページを見た人におすすめの保険商品

リンク先は楽天ペット保険のページになります

このページを見た人によく見られているカテゴリ

R222201200

  • このページの内容は、一般的な情報を掲載したものであり、個別の保険商品の補償/保障内容とは関係がありません。ご契約中の保険商品の補償/保障内容につきましては、ご契約中の保険会社にお問合せください。
  • 税制上・社会保険制度の取扱いは、このページの掲載開始日時点の税制・社会保険制度に基づくもので、すべての情報を網羅するものではありません。将来的に税制の変更により計算方法・税率などが、また、社会保険制度が変わる場合もありますのでご注意ください。なお、個別の税務取扱いについては所轄の税務署または税理士などに、社会保険制度の個別の取扱いについては年金事務所または社会保険労務士などにご確認のうえ、ご自身の責任においてご判断ください。

(掲載開始日:2022年6月23日)

推奨方針
当社は楽天保険グループの一員として、当サイトで新規にご契約されるお客さまに対して、楽天保険グループ各社(損害保険・ペット保険は楽天損害保険株式会社、生命保険は楽天生命保険株式会社)の商品をご提案しております。
上記以外の保険会社の商品をご希望の場合、こちらをご確認ください。

2205305-2305