保険代理店の楽天インシュアランスプランニング(株)が運営するサイトです。こちらのサイトでは楽天グループの保険商品をおすすめしています。
その他の保険会社の商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

※このページでは楽天保険グループの保険商品をお薦めしています。

猫の目やにの原因と症状別の対処法は?目薬をさすときのコツを解説!

猫の目やにの原因と症状別の対処法は?目薬をさすときのコツを解説

まぶしそうに眼を細める愛猫。光源もないのに、なぜだろう?とよく顔を見ると、目頭にたくさんの目やにがついていた。こんな経験はありませんか?あまりにもたくさんの目やにが出ていて、目を開けるのも辛そうなとき、すぐに動物病院に行くべきか迷ってしまいますよね。ここでは、気になる猫の目やにの原因や考えられる病気、目やにの対処法、猫に目薬をさすコツをご紹介します。

愛猫に目やにが!考えられる原因は?子猫の目やにが心配…

目やには猫の体調を図る一つのサインです。涙で流れてしまうほどの少量の目やにであれば老廃物を排出する正常な代謝活動ですが、目の周りの毛に目やにが付着しているような状況の場合は、何らかの異常を知らせるサインかもしれません。

生理現象としての目やに

目やにとは、目から出る分泌物の総称です。目やにに含まれるのは、目に付着したほこりや結膜などから分泌される粘液、まぶたからの老廃物、血液成分などです。ほこりの多い場所に行くと、人間でも目やにが出てしまうことがありますよね。猫も同じように、生理現象として目やにが出ることがあるのです。

正常な目やにと異常な目やにの違いは?

少量で茶色っぽい目やにや目の周りが少し濡れている程度の目やには正常な目やにといえます。しかし、膿のような緑色や黄色の目やにが出ている、大量の目やにで目が開きづらくなっている、といった場合は、目のトラブルが原因と考えられます。結膜炎や角膜炎などの可能性が高いので、かかりつけの動物病院に相談してみましょう。

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師 服部先生のアドバイス!獣医師 服部先生のアドバイス!

猫が目やにを出してしまう病気は色々あります。ちょっと埃が入っただけのような軽いものから、角膜潰瘍など失明の恐れがあるものまで様々です。また、結膜炎がひどくなると目が腫れて開くことができなくなってしまいます。ただの目やにと侮らず、目やにが多い、目が痛そうなそぶりが見られる、といった症状がある場合は、すぐに動物病院を受診するようにしてください。

猫の目やにの原因になる病気

異常な目やにが出たときには、次のような病気の可能性があります。

・猫風邪
目やにとともに、くしゃみや鼻水の症状が出ているのなら、目やにの原因は風邪にあるかもしれません。猫の風邪は、猫のヘルペスウイルスやカリシウイルス、クラミジアに感染することによって起こります。室内で飼育している猫でも、飼い主が持ち込んだウイルスに感染する可能性もあります。

・結膜炎
アレルギーやウイルス、ほこりやごみなどの異物が目に入ったときに起こる病気です。結膜とは、まぶたの裏側にある粘膜で、結膜炎になると、白目が充血したり、目をかゆがったりといった症状が見られます。ケガや異物を原因とする細菌性結膜炎では、片目だけに目やにが見られることもあります。アレルギー性の結膜炎の場合は、両目から透明な涙が出るなどの症状が現れます。

・角膜炎
ヘルペスウイルスによる感染や、目のケガや異物の混入によって起こります。角膜炎になると、目を痛がるしぐさが見られます。重症になると目が白く濁り、正常な角膜には見られない新しい血管が生じることもあります。

・鼻炎
ヘルペスウイルスやカリシウイルスの感染によって鼻炎になると、目やにも症状の一つとして現れます。その他、細菌や真菌の感染、花粉やハウスダストも目やにの原因として考えられます。

・ネコクラミジア
はじめは水のようだった分泌液が、粘性をもって膿のように変化してきたら、ネコクラミジアかもしれません。また、結膜炎により、目の周りが激しく腫れる症状もみられます。ネコクラミジアに感染すると、発熱や食欲不振、体重減少などの症状が出ることもあります。ネコクラミジアはワクチン接種で予防できます。 

・アレルギー
風邪と同じようなくしゃみや鼻水、目やに、皮膚炎の症状は、アレルギーを原因としていることもあります。猫のアレルギーは、ノミや牛肉、乳製品、穀類、鶏肉、卵などの食物など、さまざまな可能性があります。また、アレルギーの症状は皮膚炎として現れることが多いので、発症している場合はかかりつけの動物病院に相談してみましょう。

目やにの原因となる猫の病気は、このようにさまざまです。目やにがたくさん出ていて顔を濡らしている、膿のような色の目やにが出ている、目やに以外にくしゃみや鼻水などの症状がある場合には、動物病院を受診しましょう。

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師 服部先生のアドバイス!獣医師 服部先生のアドバイス!

意外に思われるかもしれませんが、腫瘍が原因で目やにや涙がたくさん出ることがあります。特に多いのが鼻の腫瘍です。鼻の中に腫瘍ができることによって涙の出口である鼻涙管が閉塞してしまい、目から涙が溢れてしまいます。中〜高齢の猫ちゃんがくしゃみをしていたり、鼻血が出たり、また鼻の形が変わってきたりなどの症状がある時にはすぐに動物病院を受診してください。

子猫の目やには成猫の目やにと原因が異なる場合も

生まれたばかりの子猫は、皆目を閉じています。子猫の目が開いてくるのは生後7~10日ごろです。もし、生後10日を過ぎても目が開いていない場合は、ウイルスの感染が原因の新生子眼炎や、細菌感染による目やにが原因かもしれません。

感染性の結膜炎は、生まれて間もない子猫や若い年齢の猫によく見られる病気です。

目を拭いた脱脂綿に黄色や緑色の目やにが付着していたら、ネコヘルペスウイルスなどのウイルスや細菌に感染している可能性があります。なるべく早く動物病院で状態を診てもらいましょう。

猫の目やにの原因猫の目やにの原因

リンク先は楽天ペット保険のページになります

目やにの症状別の対処方法が知りたい

さまざまな原因で現れる猫の目やにの症状。次のような目やにが出ているときには、どのような方法で対処すればよいのでしょうか。

目やにと一緒に目の充血が確認できる

目やにと一緒に目の充血が確認できる場合は、結膜炎や角膜炎の他、緑内障の可能性もあります。いずれにせよ、そのままにしておくと重症化する可能性があります。エリザベスカラーをつけるなど、猫が自分で患部を触らないようにして、なるべく早く動物病院で診てもらいましょう。

涙がたくさん出て、目やにも量が多い

目やにだけでなく涙もたくさん出ている場合、結膜炎や角膜炎などの炎症が原因かもしれません。そのほかにも、伝染病の可能性があるため、他の猫に接触させないようにしましょう。目やにが多い時には、濡らしたガーゼで優しくふき取ります。固まった目やにがなかなか取れない場合は、強くこすらず、濡らしたガーゼを数秒おいて目やにを取りやすくしてからふき取りましょう。

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師 服部先生のアドバイス!獣医師 服部先生のアドバイス!

子猫のうちは感染症が多いことが特徴です。特に、外で生活していた猫ちゃんの場合、いわゆる猫風邪といわれる、ヘルペスウイルス感染症やカリシウイルス感染症、クラミジアに感染してしまっていることが多いです。初期のうちにしっかり治しておかないと、結膜が癒着して目が開きにくくなったりすることも。早めの治療が肝心です。ガーゼなどで目やにを拭うときは、精製水や生理食塩水などで濡らして優しく行ってください。アルコールを含むようなウェットティッシュは目への刺激もあるため厳禁です。角膜炎や重度の結膜炎などは痛みがあるため、無理に拭くことは禁物です。拭ってあげるのが難しい場合には、動物病院で相談してください。

緑、黒、赤、黄、茶など目やにに色がついている

少量の赤茶色や茶色の固めの目やにが少量付いているのは、正常の範囲内といえます。しかし、緑や黄色の膿のような目やにが出ている場合はウイルスや細菌に感染している可能性があります。赤茶色や茶色の生理的な目やにでも、量が多くて気になる場合は、濡らしたガーゼでふき取っても大丈夫です。猫風邪やネコクラミジアなどのウイルスへの感染は、予防接種で防ぐことができます。

目やにに血液が混じっている

目の周囲のケガによる出血の可能性があります。眼球にまで傷がある場合は、失明してしまうかもしれません。いつケガをしたのか(ケガに気が付いたのか)、化膿しているのなら化膿し始めたのはいつかなど、症状とその症状がでてからどのくらいの時間がたっているのかをまとめて、動物病院を受診しましょう。目の周りの傷が深く、血が出ている場合は、タオルやガーゼで傷口を押さえながら動物病院に向かってください。

目やにで目が開かない(子猫)

子猫の目やにが固まると、目が開かなくなってしまうことがあります。その際は、精製水で湿らせたガーゼやウェットシートを使って、優しく目の周りを拭きとってあげましょう。

ゼリー状の目やにが出ている

さまざまな目の病気や涙の出口である鼻涙管が閉塞することで、猫の涙の量が増えてしまうことがあります。これを流涙症と呼びます。涙の量がいつもより多い状態の場合、時間が経つと涙に毛やほこりが混ざってゼリー状の目やにが出ているように見えることがあります。涙を流す鼻涙管が炎症を起こしていたり、異物で詰まったりすることで起こります。ヒマラヤンやペルシャなど、特定の猫に起こりやすい病気です。強い光や風、煙などによる刺激を避け、涙と目やにが気になる時には目頭を拭いてあげてください。

目やにの症状がずっと続く

目やにがずっと続いている猫が老齢の場合は、免疫力の低下や、わずかではありますが猫エイズなどの病気が原因と考えられます。猫がグルーミングをして目やにを取っているのであれば問題ないのですが、目やにが取れなくなっているのなら清潔なガーゼやウェットシートでふき取りましょう。

片目だけから目やにが出ている

片目だけから目やにが出ている原因として、ウイルス感染やケガ、異物が目に入ったことが考えられます。目の傷は放っておくと重症化してしまうことがあります。エリザベスカラーを付けてケガを悪化させないようにして、早めに動物病院を受診しましょう。

くしゃみや咳が出ている

目やにだけでなく、くしゃみや咳といった症状がある場合は、猫風邪が疑われます。風邪をひいた後に他のウイルスや細菌に感染(二次感染)すると、重症化することがあります。このような場合も、悪化する前に動物病院を受診して、治療を行ってもらいましょう。

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師 服部先生のアドバイス!獣医師 服部先生のアドバイス!

猫風邪とは、目やにや鼻水やくしゃみを特徴とする感染症の総称です。原因となる病原体は猫ヘルペスウイルス、猫カリシウイルス、クラミジアです。これらが1つだけ感染する場合もあれば、複数感染してしまうこともあります。軽度の場合は上記のような症状ですみますが、重症化すると角膜炎を起こし、角膜潰瘍から角膜穿孔になり失明してしまうこともあります。また、呼吸器の症状も進行すると肺炎になってしまい、こちらは命に関わることもあります。特に免疫力が弱い子猫では重症化する傾向があります。

子猫の目やには清潔なガーゼで優しくふき取りましょう

子猫の目やには清潔なガーゼで優しくふき取りましょう

リンク先は楽天ペット保険のページになります

猫の目やにで病院を受診する目安は?

受診の目安は、「病気かもしれない」と気になったタイミングです。多量の赤茶色や茶色の固まった目やにや、緑色や黄色の目やに、ゼリー状の目やにが出ていて、気になる場合はすぐに動物病院を受診しましょう。

猫専門の動物病院や、猫の眼科系疾患を診察してくれる病院を探して、電話などで問い合わせてみてください。獣医さんの中には、猫や犬などの眼科を専門とする専門医もいます。

治療には、目薬を用いることがあります。点眼の方法やコツについては、受診時に忘れず獣医さんに聞いておきましょう。風邪による目やにの場合は、二次感染を防ぐために抗生物質が処方されることもあります。

目やにのこんな症状は動物病院へ目やにのこんな症状は動物病院へ

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師 服部先生のアドバイス!獣医師 服部先生のアドバイス!

茶色い乾いた目やにが少量でているだけであれば問題ありませんが、まぶたが濡れるくらい涙、白や黄色、緑色の目やにが出ている場合には動物病院を受診してください。その際には、目やにはつけたままで動物病院に行きましょう。病院に行く前に拭ってしまうと目やにの様子を観察できません。また、病気によっては目やにを採取して顕微鏡で観察したり、病原体の検査を行ったりするもありますが、拭ってからだとこれらの検査ができなくなってしまいます。汚れたままでいいのか?と不安かもしれませんが、そのままの状態で受診するようにしてください。

猫の目の病気は人間にもうつるの?

猫の病気が人間にうつったり、人間の病気が猫にうつったりする可能性があるのなら、猫が病気のときも人間が病気のときも、不用意に近づかないように気を付けなければなりません。

目やにの原因の一つである猫風邪は、風邪という名前のため人にうつるようなイメージを持たれるかもしれませんが、猫風邪は人にうつりません。

しかし、猫クラミジアは、わずかな可能性ではありますが人にも感染します。猫の目やにや鼻水への接触感染、くしゃみによる飛沫感染が考えられます。猫が目の病気のような症状とともに目やにが出ていて、それをケアしたあとは、手洗いをするなど清潔にしましょう。

猫クラミジアを原因とする結膜炎の症状が猫にでているときや、人間のものもらいのようにできものができているときは、猫を触った手で自分の目をこする、一緒の布団で眠るなどは厳禁です。

人と猫の両方に生じる感染症を、「人獣共通感染症」と呼びます。人獣共通感染症に感染した人間から猫に病気がうつることもあります。また、人獣共通感染症ではなくとも、人間を介して猫から猫に病気がうつることもあるので、飼い猫以外の猫と接触した後は手洗いをするなどして感染しないよう注意しましょう。

いくらかわいい愛猫でも、病気の時は適切な距離を置きましょう

いくらかわいい愛猫でも、病気の時は適切な距離を置きましょう

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師 服部先生のアドバイス!獣医師 服部先生のアドバイス!

クラミジアは猫に感染すると結膜炎や鼻水やくしゃみをおこしてしまいます。特に結膜炎の症状が強く、パンパンに腫れて目が開かなくなってしまうこともあります。滅多にありませんが猫のクラミジアが人間に感染することもあるようです。人間に感染すると猫と同じように結膜炎が起こります。猫からうつらないように結膜炎を起こしている猫ちゃんを触った後には必ず手を洗うようにしてください。

リンク先は楽天ペット保険のページになります

獣医さんに聞く!猫に目薬をさすときのコツと注意点

動物病院に行って点眼薬をもらったものの、コツをつかむまではなかなかうまく目薬をさせないものです。特にまだ人に慣れていない子猫は、点眼の際に暴れてしまうかもしれません。目薬を嫌う猫も多いため、次のように素早く目薬をさしましょう。

Step.1 猫の背後から顔を支える

怖がらないように、猫の後ろに回って素早く顔を固定します。このとき、猫の顔は上に向けて固定しましょう。

Step.2 目薬が猫に見えないように後ろからさす

顔を上向きに固定したら、目薬を持つ手とは反対の手で瞼を上に引っ張るようにしながら点眼薬を1滴たらします。目になじむように手で2~3度瞬きをさせます。

Step.3 最後にガーゼで残った目薬を拭く

目からあふれた余った目薬は、清潔なガーゼやウェットシートで優しくふき取りましょう。

分からないことは獣医さんに聞こう

点眼薬を処方されたものの、どうしてもやり方がわからない、上手く点眼してあげられない場合は、獣医さんに聞きましょう。動物病院でお手本を見せてもらえば、コツがよくわかります。点眼薬には、猫用の市販薬もありますが、原因がわからない目やには動物病院を受診したほうが安心です。また、自己判断で人間用の点眼薬を使用するのは避けましょう。

猫の目薬のコツ猫の目薬のコツ

写真提供:東京猫医療センター

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師 服部先生のアドバイス!獣医師 服部先生のアドバイス!

猫に目薬をさすことはなかなか難しいものです。まず準備としては目薬をしばらく握って軽く温めてあげてください。目薬が冷たいと猫がびっくりしてしまいます。また、目薬を見せないように直前まで隠しながら行うと、逃げられることが少なくなります。上記の方法を行おうとしてもどうしても猫が暴れてしまう場合にはバスタオルを使いましょう。顔だけ出して体をバスタオルで包んであげると、猫が動けなくなるだけでなく安心感もアップします。点眼が成功したら、ご褒美のおやつや大好きなおもちゃで遊んであげることも忘れずに!

リンク先は楽天ペット保険のページになります

まとめ:猫の目やにの原因と対処法

大切な愛猫の不調のサインを見つけたら、まずはよく観察をしてみましょう。目やにが出ているのなら、その目やにはどのような状態ですか?

少量の赤茶色や茶色の乾いた目やになら正常ですが、粘り気がある目やにや顔全体を濡らしてしまうような目やに、緑色や黄色の目やには要注意。中には放置していると重症化してしまう病気や、人に感染する病気もありますので、なるべく早い段階で動物病院の獣医さんに相談しましょう。

監修者情報

監修者プロフィール

獣医師 服部 幸(はっとり ゆき)

獣医師服部 幸(はっとり ゆき)

所属病院
東京猫医療センターhttps://tokyofmc.jp
所属学会
JSFM(ねこ医学会)
ISFM international society of feline medicine

■経歴
北里大学獣医学部卒業後、2年半の動物病院勤務
2005年~猫専門病院の分院長を務める
2006年 アメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。
2012年 東京猫医療センターを開院
2014年 JSFM(ねこ医学会)理事に就任
15年以上、猫の専門医療に携わる。

このページを見た人におすすめの保険商品

リンク先は楽天ペット保険のページになります

ペット保険に関するコンテンツ

このページを見た人によく見られているカテゴリ

R222001445

  • ご契約の際は、「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり-約款」を必ずご覧ください。
  • 税制上・社会保険制度の取扱いは、このページの掲載開始日時点の税制・社会保険制度に基づくもので、すべての情報を網羅するものではありません。将来的に税制の変更により計算方法・税率などが、また、社会保険制度が変わる場合もありますのでご注意ください。なお、個別の税務取扱いについては所轄の税務署または税理士などに、社会保険制度の個別の取扱いについては年金事務所または社会保険労務士などにご確認のうえ、ご自身の責任においてご判断ください。

(掲載開始日:2020年4月2日)

推奨方針
当社は楽天保険グループの一員として、当サイトで新規にご契約されるお客さまに対して、楽天保険グループ各社(損害保険は楽天損害保険株式会社、生命保険は楽天生命保険株式会社、ペット保険は楽天少額短期保険株式会社)の商品をご提案しております。
上記以外の保険会社の商品をご希望の場合、こちらをご確認ください。

引受保険会社:楽天少額短期保険株式会社
R222003514