子猫は特に注意!猫の風邪の症状・原因・治療法は?

子猫は特に注意!猫の風邪の症状・原因・治療法は?

ふと気づいたら、愛猫が鼻水を垂らしている……。そういえば、時々くしゃみもしてるし、いつもに比べると少々元気がないかも。これって、人間が風邪をひいているときの症状にそっくり。猫もやっぱり風邪をひくの? 獣医師で「こうご動物病院」の院長である向後亜希さんに、猫の風邪の症状・原因・治療&予防法などについて、話を聞きました。

獣医師が猫の風邪だと診断を下すのは、どんな症状・原因から?

子猫がひきやすい猫の風邪。鼻水やくしゃみに気がついたらご注意を

「風邪」と聞くと、猫の風邪の症状も人間のそれと似たイメージを抱いてしまいますが、実際のところはどうなのでしょうか? まずは、猫の風邪の主症状について、向後さんに教えてもらいました。

「猫の風邪の主症状として挙げられるのは、鼻水・鼻づまり、くしゃみ、目ヤニなどです。発熱するケースもあり、人間の風邪と同じような症状があらわれます。また、猫の食欲は嗅覚と密接にかかわっているため、鼻水・鼻づまりが続くと、食欲不振を起こすこともあります」

人間は、どちらかといえば、体力のない子どもや高齢者が風邪を引きやすいですよね。猫の風邪にも、そうした傾向があるのでしょうか?

「猫の場合は、子猫が風邪を引きやすい傾向があります。というのも、猫の風邪にはウイルス性のものが多く、ワクチンを接種した大人の猫はウイルス性の風邪にはかかりにくいからです。まだ免疫ができていない子猫は、風邪をひきやすいうえ、体力がないために重篤化する可能性もありますから、特に注意してあげてください」

感染防止のためには、他の猫との接触を避けて

人間の風邪も微生物が鼻やのどに感染して発症するといわれますが、猫の風邪の原因も同様のようです。

「ウイルスなどによって風邪をひくのは人間も猫も同じですが、ウイルスの種類は異なります。猫の風邪の原因ウイルスは、主に2種類。1つがカリシウイルス、もう1つがヘルペスウイルスです。どちらのウイルスによる風邪でも、鼻水、くしゃみ、食欲不振、発熱、場合によっては口内炎や結膜炎などの症状もあらわれる可能性があります。

また、ウイルスが原因の風邪に比べると症例は少ないものの、クラミジアやマイコプラズマなどの細菌によっても猫は風邪をひきます」

そもそも、猫は、どこでそうしたウイルスや細菌に感染するのでしょうか?

「猫の風邪を引き起こすウイルスや細菌は、鼻水やくしゃみなどを通して飛沫感染、あるいは接触感染します。つまり、野良猫やすでに感染している飼い猫と接触しない限りは、猫が風邪をひくことはほとんどありません。

ヘルペスウイルスについては、一度感染するとその後もキャリア(菌を持つ猫)となる可能性があるので、免疫力が低下した場合などに再発することがあり、また他の猫に対しての感染源となる可能性もあるために、注意が必要です」

猫の風邪の感染源は猫。子猫のときは他の猫との接触にご注意を

猫の風邪の感染源は猫。子猫のときは他の猫との接触にご注意を。

自然治癒するの? 猫の風邪はどうやって治す?

人間と同じで、猫の風邪も自然治癒することはあるの?

人間が風邪をひいた場合、重症化しなければ、診療や投薬を受けずに、自然治癒するのを待つことも少なくありません。猫の風邪の場合も自然治癒が可能なのかどうか、向後さんに聞いてみました。

「抵抗力を備えている猫で、症状が軽ければ、自然治癒する可能性もあるでしょう。ただ、先ほどもお話ししたように、風邪をひいてしまう猫の多くは子猫です。子猫は抵抗力も体力もありませんから、自然治癒を期待するにはリスクがあります。自然治癒するのを待っていて、重症化したら、愛猫がよりつらい思いをしてしまいます。飼い主さんが風邪と疑われる症状に気づいたときには、迷わず動物病院で受診することをおすすめします」

嫌がる愛猫に治療を受けさせるのは気が重いと思っても、重症化すれば、もっと苦しむ姿を目にすることになるかもしれません。愛猫のためにも、自分自身のためにも、人間の風邪をイメージして軽く考え、自然治癒を待つのではなく、動物病院での診療を優先しましょう。

愛猫が風邪をひいてしまったら、どのタイミングで受診するべき?

猫が風邪をひいたときには自然治癒を期待するべきではないことはわかりましたが、どのタイミングで動物病院に連れていけばいいのかは、飼い主としては少々迷うところです。なんらかのサインはあるのでしょうか?

「獣医の立場からすれば、風邪の疑いがあるときには、すぐにでも受診してほしいですね。鼻水にしても、くしゃみにしても、目ヤニにしても、健康な猫なら目立つほどにはならないものです。つまり、飼い主が気づくほどの症状となっていること自体が、すでにある程度病気が進行していることを示しています」

愛猫に風邪の兆候が見られたら、すぐに動物病院で受診した方がよいようです。でも、仕事などの用事で、すぐに動物病院に足を運べないこともありますよね。

「風邪をひきやすいのが体力のない子猫だと考えると、急いで受診するのが望ましいです。様子をみるのは、兆候に気づいてから長くても1日程度にとどめておく方がよいでしょう。それで明らかな改善がみられないなら、できるだけ早く受診してください」

猫の風邪はどのように治療する? 費用はいくらかかる?

それでは、猫が風邪をひいて、動物病院で受診した場合、一体どのような治療が行われるのでしょうか?

「人間の風邪と同じように、対症療法が中心です。二次感染を防ぐ意味から、抗生物質も投与します。飲み薬の他、結膜炎や鼻水の症状があれば、目薬や点鼻薬も使うことも。また、ネブライザーという機械によって薬剤を箱やケージの空気中に放出し、口や鼻から肺まで届けて、上気道・下気道の炎症や感染を治療する吸入療法もよく行います。その他、ウイルスの増殖を抑えるためにインターフェロンの注射をするのも、猫の風邪の一般的な治療法のひとつです」

家族の一員である愛猫にきちんとした治療を受けさせてあげるためにも、お金の準備もしておかなければなりません。風邪の場合、動物病院での治療費がいくら程度かかるのかも知っておきたいですよね。

「猫の体の状態や治療内容、診療する動物病院によっても異なりますが、注射が1回約3千円、薬を1~2週間分出してもらうとなると、初診で1万円ぐらいはみておいた方がよいでしょう。大体1週間後に再診して、症状が治まりつつあれば経過観察、まだ治まりきらないようであれば投薬、治療を続けます。食欲が出ず、あまり食物をとれていない場合には、脱水予防または脱水の治療として、点滴を打つこともあります。再診時も、薬や点滴代を含めると、やはり数千円~1万円はかかるかもしれません」

風邪といっても動物病院は自由診療。想定外の出費になることも

風邪といっても動物病院は自由診療。想定外の出費になることも。

猫の風邪は人からうつる? 感染を予防する方法とは?

猫の風邪は人にうつる? 人からも猫にうつる?

「自分の風邪が猫にうつるかもしれない」、あるいは「猫から風邪をもらっちゃったかも」と、考えたことはありませんか? はたして、人の風邪は猫にうつるものなのか、また猫の風邪は人にうつるものなのか、向後さんに聞いてみました。

「人の風邪が猫にうつることはありません。逆に、猫の風邪が人にうつることもありません。それは、風邪の原因となるウイルスの種類が、人と猫とでは違っているからです。前にお話しした通り、猫の風邪の主な原因となるウイルスは、カリシウイルスとヘルペスウイルスです。一方、人の風邪の主な原因となるウイルスはライノウイルスやコロナウイルスなどで、カリシウイルスとヘルペスウイルスは含まれていません」

それなら、自分が風邪をひいているときでも、安心して猫と接することができます。猫の風邪が自分にうつる心配もないので、心置きなく看病してあげられますね。

人と猫の間で風邪はうつらないので心置きなく看病できる

人と猫の間で風邪はうつらないので心置きなく看病できる。

猫の風邪の予防には、他の猫との接触を避け、ワクチンの接種を

猫が風邪をひいてしまったときには動物病院で診療を受けるのが最善の対処法であることはわかりましたが、もちろん風邪をひかないにこしたことはありません。風邪を予防するためには、どうすればよいのでしょうか?

「それから、もうひとつの予防法は、ワクチンを接種することです。三種混合以上の一般的なワクチンには、カリシウイルスもヘルペスウイルスも含まれています。ウイルスの型の違いなどがあるため、ワクチンの予防接種をしたからといって絶対に風邪をひかないとまではいえませんが、風邪をひく確率が下がり、風邪をひいたとしても軽症ですむことが多いようです」

ガイドプロフィール

こうご動物病院 院長 向後亜希 こうごあき

獣医師。西洋医学だけではなく、自然療法、ホリスティック療法にも理解が深く、鍼灸・漢方をとりいれた治療も行っている。高度な栄養療法も学ぶなど、ペットフードの選び方や手作り食のお悩みも解決するなどペットのココロと体に優しい治療をモットーにしている。

  • このページの内容は、一般的な情報を掲載したものであり、個別の保険商品の補償/保障内容とは関係がありません。ご契約中の保険商品の補償/保障内容につきましては、ご契約中の保険会社にお問合せください。また、このページの内容については楽天保険の総合窓口(0120-849-019)にお問い合わせください。
  • 税制上・社会保険制度の取扱いは、このページの掲載開始日時点の税制・社会保険制度に基づくもので、すべての情報を網羅するものではありません。将来的に税制の変更により計算方法・税率などが、また、社会保険制度が変わる場合もありますのでご注意ください。なお、個別の税務取扱いについては所轄の税務署または税理士などに、社会保険制度の個別の取扱いについては年金事務所または社会保険労務士などにご確認のうえ、ご自身の責任においてご判断ください。

(掲載開始日:2019年4月24日)

このページを見た人におすすめの保険商品

ペット保険に関するコンテンツ

このページを見た人によく見られているカテゴリ

R221909241