保険代理店の楽天インシュアランスプランニング(株)が運営するサイトです。こちらのサイトでは楽天グループの保険商品をおすすめしています。
その他の保険会社の商品を検討中の方はこちらをご覧ください。

ネット保険のメリットを対面販売と比較して考える

ネット保険のメリットを対面販売と比較して考える

インターネットから申込む生命保険は、ネット保険と呼ばれることがあります。保険会社や保険代理店の営業担当者から対面で加入する保険と比べて、どんなところが違うのでしょうか。ここではネット保険ならではのメリットや申込みにあたって注意すべき点、ネット保険の選び方のおすすめポイントなどをご紹介します。

ネット保険の魅力

ネット保険というと、「保険料が安い」とイメージする方もいらっしゃると思います。しかし、ネット保険の魅力はそれだけでしょうか?今回は、ネット保険にどのような魅力があるのか、また検討するときに気になるポイントについて、わかりやすくまとめてみました。

・ネット保険の魅力は手軽さと手ごろな保険料

ネット保険とは、保険料の見積もりや申込み手続きなどがインターネット上で完結できる保険のことをいいます。ネット保険は、パソコンやスマートフォンで閲覧できる環境があれば、自分の好きなタイミングで保険商品を検討することができます。仕事や家事で忙しく、対面で相談する時間が取れない、会う時間の調整が面倒という人におすすめです。

保障内容の確認はもちろん、保険料がいくらなのかもインターネット上で見積もりができるようになっていますので、自分が納得できるまで商品をじっくりと検討しやすいのもネット保険の特徴です。
さらにネット保険の場合、店舗運営費や人件費、加入にあたってのデータ入力などの事務費用も抑えられるため、対面販売のみの保険商品と比べて、比較的保険料がお手ごろな場合があることも魅力といってよいでしょう。

・ネット保険を検討するときに気になるポイントは?

悩むA子さんこうした特徴があるネット保険ですが、商品を検討するときや申込みにあたっては、いくつか気になるポイントがあります。順番に考えてみましょう。

自分で保障内容を決めなくてはいけない?

ネット保険では、自分が亡くなったときや病気、ケガをしたときに備えてどれくらいのお金(保障)を用意しておくべきなのか、自分で判断して申込むイメージがあるのではないでしょうか。対面販売のように営業担当者が家族構成や経済的な事情、ライフプランなどをきめ細かくヒアリングして、おすすめの商品や保障を提案してくれるわけではありません。

しかし保険会社によっては、インターネット上で、家族構成や収入や預貯金額などを入力すると、「あなたに必要な死亡保障はこれくらいの金額です」「おすすめのプランはこちらです」といった提案をしてくれる場合もあります。「あまり保険には詳しくないし、自分では決められないのでは…」と感じている人は、一度そういったシミュレーションをしてみるとよいかもしれません。

また、保険会社によっては電話相談の窓口が設けられていることもあります。保障内容や商品の選び方などで悩んだ場合には、利用してみるのもよいでしょう。

ちゃんと申し込みできるか不安…

この書類のここに記入してください、とフォローしてもらえる対面販売とは違い、ネット保険に加入するときは自分で入力を行わなくてはいけません。ネット保険で気に入った商品があっても、手続きに不安があり申込みを躊躇している方もいるかもしれませんね。

ネット保険の申込み手続きは、基本的にパソコンやスマートフォンから行いますが、困ったときには電話やチャットで相談に乗ってもらえる場合もあります。申込み手続きのことだけでなく、保障内容や保険の選び方について相談に乗ってもらえることもありますので、検討している保険会社にどういったサービスがあるかを確認してみましょう。

保険金や給付金を受け取るときはどうしたらよいの?

「入院したので給付金を受け取りたい」「手術を受けたけれど、給付金の対象になるのか確認したい」「死亡保険金を受け取りたい」こういった場面は、頻繁に訪れるものではありません。いざというとき、ネット保険では手続きが難しいのでは?と感じる方もいるのではないでしょうか。

対面販売で保険に加入し、担当者がいるような場合は、担当者に連絡すれば多くの場合、手続きの相談に乗ってもらえます。それでは、ネット保険の場合はどうでしょう?

じつは、ネット保険で給付金や保険金を受け取る場合も、基本的にまずは保険会社のサポートデスクなどへ電話で連絡することになります。オペレーターが請求手続きの説明や、必要な書類の郵送対応をしてくれます。

保障はいつから始まるの?

ネット保険の場合、保障はいつから始まるのでしょうか。通常、「保険加入の申込み」「健康状態などの告知または医師の診査」「一回目の保険料の払込み」の3つがそろった日から、保障が開始され、保障が開始される日を「責任開始日」といいます。しかし、ネット保険は保険会社が申込みを受けた日を「責任開始日」とする会社もあります。また、保険証券に記載される「契約日」は、月払いの契約の場合、「責任開始日」の翌月1日とされることが多いです。保険商品、保険会社によって「責任開始日」「契約日」が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

がん保険に関しては、「契約日」から「責任開始日」まで90日間(または3ヵ月間)の免責期間(*)が設定されていることが一般的で、免責期間中にがんと診断された場合は、保障の対象外になります。

・ネット保険に向いているのは?

「今入っている保険に不満な点がある」「入りたい保険が決まっている」など、ある程度保険に対する具体的な考えがある人や、保険商品の説明を見てどんな保障かわかる人、自分で保障を決められる人には、ネット保険が向いています。

「知り合いに勧められてなんとなく保険に入っていたけど、保険料が高いと感じている」「とにかく安い保険に入りたい」など、保険料を抑えたい人にも、保険料が比較的お手ごろなネット保険がおすすめです。

また、近くに保険会社の営業所や保険代理店がない、忙しくて対面で相談する時間がないといった人にとっても、ネット保険なら一般的に、パソコンやスマートフォンで閲覧できる環境があれば、24時間いつでもどこでも、保険の検討から手続きまで完了できるので便利です。

それぞれの保険に向いている人の例

下の表は、横にスライドしてご覧ください
ネット保険 対面販売の保険
  • 入りたい保険が決まっていて、保険商品も自身にあったものを選べる人
  • とにかく安い保険に入りたい人
  • 対面で相談する時間がない人
  • 保険のプロに、自分に合った商品を提案してもらいたい人
  • 専門家の丁寧な説明を受けたい人
  • 時間に余裕があり、時間をかけて決めたい人

ネット保険のポイント

ネット保険の大きな魅力は、自分のペースで自由に保険商品を選べることです。これからのライフプランがある程度固まっている人には、おすすめの保険です。「どんな保障が必要か」「今のままで大丈夫か」など、迷いがあるのであれば、保険会社のサポートデスクや保険代理店、対面販売で相談するとよいでしょう。

ガイドプロフィール

柳澤美由紀

長崎県出身。関西大学社会学部にて産業心理学を専攻。「専門知識と真心で、日本の家計を元気にする」を使命に活動するファイナンシャル・プランナー(CFP®1級FP技能士)。ライフプラン、家計の見直し等の個人コンサルティングを中心に、労働組合を中心にライフプランセミナー等の講演活動も行っている。相談件数は800件以上。著書は「親と子の夢をかなえる!〝私立″を目指す家庭の教育資金の育て方」(近代セールス社)など多数。
家計の窓口:https://kakeinomadoguchi.com/